ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

「ペンと紙」の家計管理術:アプリにはない得られないメリット

「家計管理はペンと紙が最適!?アプリでは得られないメリットとは」という記事を拝読しました。

www.lifehacker.jp

記事の概要

多くの人が資産管理アプリやソフトウェアを利用して家計を管理していますが、最適な家計管理ツールはAIを搭載した最新のアプリではなく、「昔ながらの」ペンと紙だと言う人も増えています。本記事では、なぜペンと紙が有益であり、アプリでは得られないメリットがあるのかを探ります。

1. お金の行き先を確認する:

お金はどこに消えているのかを把握することが家計管理の第一歩です。ペンと紙を使用して、定期的な収入源と支出のカテゴリをリストアップし、全体像を把握します。この物理的な作業によって、予算を守るための精神的な後押しが得られます。

2. 支出を記入して集計する:

家計管理の基本を実践するために、各費用のカテゴリに金額を割り当て、支出を集計します。この手順を通じて、アプリでは感じられない「摩擦」を実感し、基本的な管理スキルを向上させます。

3. 予算を実際に「上手に使う」コツ:

予算が設定されたら、実際の支出を記録して使い過ぎを防ぎながら、毎月積極的に予算を使いましょう。紙とペンを使用することで、習慣化が難しい部分にもアプローチできます。

4. 「本当に必要?」を習慣化する:

ペンと紙を活用するテクニックの一環として、買いたいものを物理的に書き出すことで、「本当に必要なものは何か」を深く考え、クレジットカードの無謀な使用を防ぎます。家計を記録することで、より良心的なお金の使い方が身につきます。

結論:

アプリでは得られない「ペンと紙」の家計管理のメリットは、物理的な行為がもたらす精神的な強さや、支出習慣に対する深い自覚です。アプリだけでは得られないリアルな手応えを求めるビジネスパーソンにとって、ペンと紙が新たな可能性を切り拓くかもしれません。

 

ファイナンシャルデザインの観点から

お金の使い道を振り返るというのは非常に大事な習慣だと思います。お金に対する意識を引き上げるという点では紙とペンでじっくりと向き合うというのはよい策かもしれません。

一方、これは集中的に取り組むべき時期に限定で、恒常的にこのやり方を続けるのは難しい気もします。アプリで自動的に記帳、集計してもらいつつ、週末に振り返るといった自分にあったやり方を研究するのが良いと思います。

どのようにパーソナル・ファイナンスに向き合うのかによって、自分の可能性が変わってくると思います。

 

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフトコーチング
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー