ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

サラリーマンのための賢いお金の使い方:支出見直しで貯金を増やす方法

「お金が貯まる人が真っ先に削っている支出一覧」という記事を読みました。

toyokeizai.net

お金が貯まる人が「真っ先に削っている支出」一覧

現在、物の値上がりが続く中で、多くの方が「出費が増えた」「お金が貯まらない」と悩んでいることでしょう。政府は「貯蓄から投資へ」というスローガンを掲げていますが、その前にお金を貯めて増やすことが大切です。そこで、お金の貯め方・増やし方を学ぶために、マネーのプロが推奨する支出の見直し方法について紹介します。

無駄な支出を見直すポイント

マネーのプロたちは、無駄な支出を削減することを重要視しています。なぜなら、収入を増やすより支出を減らすほうが容易であり、またすぐに効果が現れるからです。無駄な支出を削減することで、継続的に支出を抑えることが可能です。

家計簿をつけることの重要性

多くの著者が同じ意見を持っており、収支状況を把握するためには家計簿をつけることが有効です。家計簿をつけることで、どの支出が多いのか、無駄遣いがあるのかがわかります。以下は家計簿を長続きさせるコツです。

  • 自分に合った家計簿の形式を見つける(手書き、表計算ソフト、アプリなど)
  • 支出項目を少なく始めて、徐々に増やしていく
  • 定期的なタイミングで家計簿をつける習慣を作る
  • 小額の誤差は気にせず、大まかにお金の使い道を把握する

また、面倒だと感じる場合は、一定期間にわたって領収書を集め、後でまとめて見直す方法も有効です。この方法でも支出のクセを把握できます。

固定費の見直し

支出の見直しの中で、特に注目すべきなのが固定費の削減です。固定費とは毎月決まった金額がかかる支出のことであり、一度削減すれば長期間にわたって節約効果が続きます。以下は代表的な固定費の見直し例です。

  • 住居費:家賃を少しでも安い部屋に引っ越す、住宅ローンの見直し
  • 水道光熱費:契約プランや使用量の見直し、省エネ家電の導入
  • 通信費:格安スマホへの乗り換え、不要なサブスクリプションの解約
  • 保険料:保障内容の見直し、重複する保険の整理
  • 車関連費用:自動車保険の見直し、公共交通機関の活用
  • 教育費:オンライン教材の活用、習い事の必要性の見極め

固定費の見直しによって生まれる余裕のお金を、投資に回すことで資産を増やすことも可能です。

持ち家か賃貸か――住居費を徹底的に考えよう

住居費は固定費の中でも大きな割合を占める支出です。家を購入するか賃貸に住むかの判断は、個人のライフスタイルや経済的な状況によります。持ち家のメリットとデメリット、賃貸のメリットとデメリットを比較して、自分に合った選択をすることが重要です。

マネー本の著者の意見から学ぶ
持ち家か賃貸かの選択については、以下のポイントを考慮することが推奨されています。

  • 転勤の頻度や収入の安定性など、ライフスタイルに合った選択をする
  • 家を購入する場合、購入価格と想定家賃を比較する「200倍の法則」を参考にする
  • 持ち家か賃貸かの選択前に、「自分の家に何を求めるか」を明確にする

欲しいだけでなく必要なものを買うこと、変動費を抑えることで、お金のムダ使いを防ぎ、節約効果を高めることができます。

貯蓄・投資分を先取りして生活する
支出を抑えるためには、支出額を先取りすることが重要です。収入から先に貯蓄や投資の分を引いてしまうことで、残ったお金で生活することができます。これにより、無駄遣いを防ぎ、貯蓄や投資を優先させることが可能となります。

 

変動費を減らすコツ

変動費も支出を抑えるポイントです。無駄な外食や飲み会、不要な買い物を減らすことで、生活費を節約することができます。以下は変動費を減らすための具体的なコツです。

  • 外食や飲み会の頻度を減らす
  • コンビニでの買い物を控える
  • 食材を安いときにまとめ買いする
  • 図書館を利用して本や映画を楽しむ
  • お弁当や飲み物を持参する
  • 会員割引のある店で日用品を購入する
  • リユースショップやフリマアプリを活用する
  • お金がかからない趣味や娯楽を見つける


このような工夫によって、無駄遣いを減らし、無駄な支出を削減することができます。

 

まとめ

お金の貯め方・増やし方を学び、賢い消費生活を送るためには、支出の見直しや節約が大切です。家計簿をつけることで支出の傾向を把握し、無駄な支出を見極めることができます。特に固定費の見直しや変動費のコントロールに注力し、貯蓄や投資のための余裕資金を確保しましょう。

また、住居費の選択についても、自分のライフスタイルや経済的な状況を考慮して検討しましょう。必要なものと欲しいものを見極め、ムダ遣いを避けることで賢い消費行動が可能です。

最後に、収入から先に貯蓄・投資を先取りすることで、お金の管理が効果的に行えます。お金を使う際には、「欲しいもの」ではなく「必要なもの」を優先させることが重要です。

この記事が、サラリーマンの皆さんにとってお金の使い方を見直すヒントとなり、より豊かな未来を築く一助となれば幸いです。

 

 

柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
心から願う人生を実現していくライフシフト・コーチング

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー