FIREした元総合商社マンが教えるMBA式ライフシフトコーチング

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

老後資金2500万円を目指すための資金調達術

「「老後資金に不安」8割、33歳からの資金調達で目指すは2500万円」というYahooニュースを拝読しました。

news.yahoo.co.jp

老後資金に対する不安が高まっている中、将来の安心を築くためには早めの準備が必要です。Job総研の調査によると、平均的な老後資金の目安は4040万円であり、中央値は2500万円となっています。しかし、実際にはこの額を確保することが難しい状況もあります。そこで、今回は30歳からの資産形成を考える際のポイントを紹介します。

1. 早期からの貯蓄と投資

老後資金を確保するためには、早期からの貯蓄と投資が重要です。調査によると、30代の8割以上が投資や資産運用を行っており、平均で月額8.8万円の資金を投資しています。定期的な貯蓄と投資を続けることで、老後の不安を軽減することが可能です。

2. 新NISAの活用

2024年に導入された新NISAは、税制優遇措置があり、老後資金の形成に適しています。投資を始める際には、この制度を活用することで、効率的な資金運用が可能となります。

3. リスク分散と適切な資産運用

投資をする際には、リスク分散と適切な資産運用が重要です。株式や投資信託などの運用を行う際には、リスクとリターンのバランスを考えながら、複数の資産に分散投資することがポイントです。

4. 保険や年金の活用

老後資金の不安を解消するためには、保険や年金の活用も検討しましょう。将来のリスクに備えるために、適切な保険商品や年金制度を選択することが重要です。

まとめ

老後資金2500万円を目指すためには、早期からの資金調達と適切な資産運用が必要です。将来の不安を解消するためには、今から準備を始めることが大切です。さまざまな選択肢を検討し、将来に備えた資金計画を立てることで、安心した老後を迎えることができるのではないかと思います。

特に「リスクとリターンのバランス」のところ、この様に表現すると簡単なようにも見えますが、自分に適切なリスク許容度を確定させるところが一番大事なのではと思っています。目に見えるリターンばかりを追求して足元を救われることがないようにしたいものです。

 

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフトコーチング
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用

友だち追加

 

運営者情報 プライバシーポリシー