ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

お金が貯まる夫婦がしている賢い家計管理とは - 人生設計と価値観の共有が大切

「お金が貯まる夫婦がしている賢い家計管理とは」という記事を拝読しました。

toyokeizai.net

 

記事の概要

お金持ちには共通しているルールがあるとマネーコンサルタントの頼藤太希氏は言います。それはお金の基本を押さえて、お金が自動的に貯まるしくみを作り、それぞれのお金の使い方の価値基準に合わせてお金を使うことです。今回は、よりよい人生設計のヒントとなるお金のテクニックをご紹介します。

  1. 「お金を使うと増える」と考える投資脳

    お金を使うと減るのは事実ですが、お金を使って得られるものや学びを通じて将来的にお金を増やすことも可能です。お金持ちは、普段の支出や資産運用、スキルアップにおいても「投資脳」で考えています。消費脳では節約はできても、お金を増やすことは難しいです。消費脳を投資脳に変え、お金をより価値のあるものに使い、お金を増やす習慣を身につけましょう。

  2. 毎月の生活費は「夫婦共通の財布」で管理
    お金の貯まる夫婦は、毎月の生活費など家計の支出を「共通の財布型」で管理しています。共通の財布型では、お互いの収入から決められた額を出して一つの財布にまとめ、生活費や固定費を支払います。この方法ではお金の流れが見えやすくなります。収入に差がある場合は、金額の配分を変えることでバランスを取ることもできます。一方、お金の貯まらない夫婦は、それぞれの財布で家計を管理していることが多く、お金の使い方や将来のライフプランが共有されていないため、問題が生じることがあります。

  3. 子供名義の口座を賢く活用する
    子供名義の口座は、子供のお金の準備や金銭教育に役立ちます。ただし、注意点もあります。子供が未成年の間は親が子供の名義の口座を管理することができますが、成人すると子供自身しか手続きできなくなります。また、子供名義の預金は贈与税の対象になる場合がありますので、子供自身が通帳や印鑑を管理していないと注意が必要です。子供名義の口座の存在を子供に早く知らせ、将来のために活用することをおすすめします。

将来を見据え、夫婦でお金の使い方や価値観を共有し、賢い家計管理を行うことが大切です。人生は行動しなければ何も変わりません。一つ一つの行動で習慣を変え、習慣が変われば人生も変わります。お金の知識を実際の行動に結びつけ、お金が貯まる夫婦になりましょう。

 

ファイナンシャルデザインの観点から

夫婦で資金管理をする際の重要なポイントは以下の3つです。

  1. コミュニケーションの重要性

    夫婦での資金管理は、お互いの意見や希望を尊重し合い、コミュニケーションを図ることが重要です。お金に関する目標や価値観を共有し、将来の計画や支出について話し合うことで、意思決定がスムーズになります。定期的な家計のミーティングを設けるなど、お互いの意見を尊重しながらコミュニケーションを深めましょう。

  2. 目標設定と予算管理
    夫婦で共通の目標を設定し、それに向けて予算管理を行うことが重要です。具体的な目標を立てることで、お金の使い方や貯蓄計画が明確になります。予算を立てて収入と支出をバランス良く調整し、節約や浪費の傾向を把握しながら適切な支出を行いましょう。目標達成のためには、お互いが協力し合い、予算管理を徹底することが大切です。

  3. リスク管理と備え
    夫婦での資金管理では、将来に備えたリスク管理も重要です。保険の見直しや緊急時の備え、老後のための貯蓄など、将来の不確実性に備えることが必要です。また、夫婦での意思決定を行い、相続や遺言についても考えておくことが重要です。リスク管理をきちんと行い、将来に備えることで、夫婦の経済的な安定や安心感を確保することができます。

これらのポイントを意識しながら、夫婦での資金管理を行うことで、より円滑で健全な家計管理ができるでしょう。お互いの協力と理解を深めながら、将来に向けた賢い資金計画を進めていきましょう。

 

 

柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
心から願う人生を実現していくライフシフト・コーチング

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー