FIREした元総合商社マンが教えるMBA式ライフシフトコーチング

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

昭和生まれの働き方常識は割が悪い理由について

新しい働き方への移行が必要な理由やその具体的な手段について、山崎元さんの考えを紹介した記事を読みました。ここでは、その内容をビジネスパーソン向けに解説し、新しい働き方へのアプローチ方法や重要性について考察していきます。

gendai.media

記事の概要

古い働き方の課題点

昭和時代に根付いた働き方は、安定した職業に就いて出世し、長期間勤め続けることを重視していました。大企業や公務員などの安定した職場での勤務が一般的であり、その中での出世が成功の象徴でした。しかし、この古い働き方にはいくつかの課題があります。

  1. 限られた成功者のみが報われる: 出世競争は激しく、成功するのはほんの一握りでした。また、成功しても大金持ちになることは難しく、割の悪さを感じる人も多かったでしょう。

  2. 安定感の錯覚: 安定した職場にこだわるあまり、失業や転職が難しくなりました。このため、新しい挑戦をためらう傾向がありました。

  3. 労働時間の売り方: 時間単価の高い職業に就くことが一つの成功の指標でしたが、それでも自分の時間を売るビジネスモデルに変わりはありませんでした。

新しい働き方への提案

新しい働き方は、効率性と自由を求めるものです。具体的には、以下のようなアプローチが挙げられます。

  1. リスクを取ること: 新しい働き方では、安定を求めるだけでなく、適度なリスクを取りながら挑戦することが重要です。リスクを避けて堅実にポイントを積み重ねるよりも、リターンを追求する姿勢が求められます。

  2. 株式の活用: 株式による報酬を取り入れることが重要です。株式には資産形成を加速させる要因があり、将来の成長性まで含めた価値を手に入れることができます。これにより、大きな資産を短期間で手に入れることが可能になります。

  3. 自己投資: 自分自身への投資も大切です。自己成長やスキルの習得を通じて、将来のキャリアや収入を拡大させることができます。

株式との関わり方の重要性

特に、株式との関わり方が重要です。適切な投資や株式オプションの活用は、将来の資産形成や経済的な安定に大きく貢献します。また、自分の時間を売るだけでなく、企業の一部を所有することで、利益を最大化することが可能です。

新しい働き方は、従来の安定志向からの脱却と、リスクを取りながらの挑戦を重視します。ビジネスパーソンとしては、これらのアプローチを取り入れることで、より豊かなキャリアと収入を築くことができるのではないかと思います。

労働者と投資家という二足のわらじの履き方について

労働者として働く時間を最大限に活用しつつ、資産運用にも十分な時間を割くための具体的な事例をいくつかご紹介します。

  1. 時間管理の工夫: 例えば、労働者としての仕事中にも、資産運用に関する情報収集や分析を行うことができます。通勤時間や休憩時間、昼休みなど、空いた時間を活用して、市況や投資情報をチェックする習慣を身につけることで、資産運用にかける時間を確保できます。

  2. 自動化や効率化の活用: 投資にかける時間を節約するために、自動化や効率化を活用することも有効です。例えば、投資信託やETF(上場投資信託)を活用し、定期的な積立投資を行うことで、手間をかけずに資産を運用することができます。

  3. 情報収集と学習の並行: 労働者として働く時間を活用しつつ、資産運用についての情報収集や学習を並行して行うことも重要です。仕事の合間や休日を活用して、投資に関する本を読んだり、セミナーに参加したりすることで、投資の知識を深めることができます。

  4. 目標設定と計画の立て方: 労働者としての目標設定と同様に、資産運用にも具体的な目標を設定し、計画を立てることが重要です。定期的に目標の進捗を確認し、必要に応じて計画を修正することで、効果的な資産運用が可能となります。

これらの事例を参考にしながら、自身の状況や目標に合わせて、労働者としての活動と資産運用を両立させる方法を考えてみると良いのではないかと思います。

 

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフトコーチング
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー