ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

【ファイナンシャルデザイン】30代と50代 お金持ちになる可能性の高いのは…

「お金持ちになれるのは「30代と50代」どっち?家計相談30年のFPの答えは…」という深田昌恵さんの記事を読みました。

diamond.jp

記事の要約

サラリーマンの皆さんにとって役立つ情報をお届けします。今回の記事では、お金持ちになれる可能性が高いのは「30代と50代のどちらか?」というテーマを取り上げます。

記事では、ファイナンシャルプランナー(FP)の深田晶恵氏が30年以上の経験を通じて得た知見を共有しています。彼女によれば、30代と50代の間にはお金に対する感応度に大きな格差があるとのことです。

まず、医療保険についての必要性について触れられています。医療保険に加入する前に、まず公的保障や勤務先の保障を確認することが重要だと強調されています。また、医療保険の費用対効果についても言及されており、入院給付金の制限や外来治療費のカバーができないことが指摘されています。そのため、安い保険料の商品を選ぶことや、貯蓄による備えも検討すべきだと述べられています。

次に、投資についての30代と50代の違いについて取り上げられています。30代は将来の資産形成のために積極的に投資を始める傾向がありますが、50代では投資に対して不安や疑問を抱く人が多いようです。特に一昔前の投資イメージやリスクに対する認識の違いが影響しているようです。

このような傾向を踏まえると、サラリーマンの皆さんにとっては30代のうちから医療保険の見直しや資産形成に向けた投資の始めどきを考えることが重要です。また、50代以上の方は保険や投資についての知識を深めることで、より良い選択ができるようになるでしょう。

記事全体を通じて、30代と50代のお金に対する考え方の違いや注意点が示されています。これを参考にして、自身の家計管理や将来の備えについて考えるきっかけにしていただければ幸いです。

 

柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
心から願う人生を実現していくライフシフト・コーチング

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー