ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

成功の女性たちが語る!1000万円貯めるためにやめたことTOP3

「1000万円貯めた女性100人がやめたことTOP3」という記事を読みました。

toyokeizai.net

記事の概要

多くの人が悩むお金の問題。給料が多くてもなかなか貯金ができない人もいれば、年収300万円でも5年で1000万円貯めた人もいます。そこで、金融・投資コンサルタントであり、お金の教室「富女子会」を運営する永田雄三氏が、1000万円貯めた女性100人に対して「やめたこと」についてのアンケートを実施しました。彼女たちが実践した「やめたこと」を知り、成功へのヒントを得ましょう。

1. 安いものを買ってもお金が貯まらない?

1000万円貯めた女性たちにとって、セールやまとめ買い、アウトレットでの買い物をやめることが重要な要素でした。安いものを買うことは節約のように感じられますが、それが実はお金を貯めにくくしていたのです。彼女たちは、「必要なら買う」「欲しいものなら絶対に買う」という意識を持ち、 impulse buying(衝動買い)から距離を置きました。お金を貯めるポイントの一つとして、「欲しいものと必要なものを区別する」ことを心がけることが大切です。

2. 家計簿は節約の手段?

意見が分かれる中、「家計簿をつける」が2位にランクイン。一部の女性は、家計簿をつけて支出を見直すことで節約に成功しました。しかし、一方で1年間つけ続けても「手間の割に効果が薄い」と感じる人も多かったです。家計簿の効果は個人差がありますが、お金に対する意識を高める手段として一定の効果が期待できます。ただし、家計簿が手間になり、効果が薄れた場合は、他の方法を模索することも大切です。

3. 神頼みや風水は「やったから貯まる」ではない

最後に、「風水の金運アップ法」が3位にランクイン。女性たちは神頼みや風水を大切にしましたが、それだけでは成功には至りませんでした。成功者たちは神頼みをする一方で、自己努力や資産運用も欠かさず行っていることがポイントです。お金に意識を向け、神頼みや風水をサポートとして取り入れることで、成功への一歩を踏み出せるでしょう。

まとめ:

成功した女性たちが1000万円を貯めるために実践したことを知ることで、自身のお金に対する考え方や行動を見直すきっかけになります。安易な節約や一時的な手段ではなく、お金を貯めるための根本的なアプローチを身につけることが重要です。自分のライフスタイルに合った方法を見つけ、成功者たちの知恵を取り入れて、お金を上手に活用しましょう。

ファイナンシャルデザインの観点から

TOP3の要因についてはそれぞれ興味深いものがあります。特に衝動買いをやめるというところ、そもそも人間には買い物をしたいという強い衝動があることを踏まえて、その欲を他のものに転嫁するという考え方が重要な気がします。

幸せに向かってその条件を整えるということを身近な取り組み方から考える良い記事です。

 

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフトコーチング
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー