ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

【キャリアデザイン】熊本県菊陽町の成功から見る、働く意義と未来への希望

「FIRE成功で「不労収入700万円」の男が迎えた結末…半導体特需から考える「働くことの本当の意味」」という記事を読みました。

gendai.media

こんにちは、サラリーマンの皆さん。日々の忙しさやプレッシャーに疲れていませんか?もし少しの間、リラックスしてお付き合いいただけるのであれば、今回はひとつの地方町の驚くべき変貌と、働くことの本当の意味についてお話ししたいと思います。

熊本県の菊陽町(きくようまち)が、台湾の大手半導体メーカー「TSMC(台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング・カンパニー)」の巨大工場建設によって活況に沸いています。政府と県の協力により、町には1兆円を超える巨額の投資が行われ、工事作業員が5000人規模の3交代制で頑張っています。この成功例を通じて、働くことの重要性とその本当の意味を考えてみましょう。

特需によって蘇った町の変貌

TSMCの工場建設プロジェクトにより、菊陽町は急速に変貌しました。工場が完成していないにも関わらず、周辺地域を含めた求人が豊富にあり、高収入の求人も多数。年収600万円以上の求人が当たり前で、中には1000万円を超えるものも存在します。この町の変化は、地方においても働く場所が増え、希望的な雰囲気が広がっていることを示しています。

「働く」ことの本質

こうした成功例を通じて、私たちは「働く」ことの本当の意味を考えるべきです。お金を得るための手段としての働きは大切ですが、それ以上に「生きがい」や他者貢献感を得ることが重要です。仕事を通じて自分が役に立っていると感じ、仲間と支え合いながら共同体に貢献することで、本当の意味で「生きる」ことが実感できます。

「FIRE」の一例からの教訓

成功例として挙げられた「FIRE」(経済的に自立して早期退職する)の一例も示唆的です。不労所得を得た人物が、しばらくの間幸せに暮らせなかった事例がありました。お金だけでは満たされない生きがいや他者貢献感が重要であり、それを働くことで得ることができることを示唆しています。

未来への希望

今後も、外資系企業の投資による工場誘致などを通じて、働く場所が増え、希望ある雰囲気が広がることを期待したいと思います。働くことがただ生活のための手段ではなく、自己成長や他者貢献の場であることを再認識し、未来への希望を持ちましょう。

まとめ

いかがでしょうか。菊陽町の成功例から、働くことの本当の意味や重要性を考えてみました。お金だけでなく、自己成長や他者貢献の喜びを得るためにも、働くことは重要な営みです。将来的な希望を持ち、ポジティブな空気を感じながら、日々の仕事に取り組んでいきましょう。

皆さんも、「明日はきっと今日よりもよくなる」という希望を持ちつつ、充実した人生を築いていけることを願っています。未来への希望を胸に、今日も頑張りましょう!

 

 

柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
心から願う人生を実現していくライフシフト・コーチング

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー