FIREした元総合商社マンから学ぶMBA式ライフシフトコーチング

FIREした元総合商社マンから学ぶMBA式ライフシフトコーチング

一人で始めるビジネスパーソンのための新たな冒険:やりたいことを実現する3つの鍵

「やりたいことがあるなら、今すぐ一人でも始めよう」という記事を読みました。

www.lifehacker.jp

記事の概要

ビジネスパーソンにとって、やりたいことを実現するためには待つのではなく、主導的に行動することが重要です。他者の依存から脱し、一人で新たな冒険に挑戦することで、自分自身の成長と満足感を得ることができるのではないかと思います。本記事に記載してあった、やりたいことを1人で始める際のコツを3つご紹介します。


1. 気の赴くままに行動する:

友人や家族との旅行やアクティビティは素晴らしい経験ですが、時には一人で行動することが新たな発見と自由をもたらします。友達や家族と行動する場合、妥協がつきものですが、一人で行動すれば自分のペースで進むことができます。他者の期待や制約から解放され、気の赴くままに行動することで、新たな興味を発見することもあります。友人が楽しんでいるかを気にする必要がなく、自分のやりたいことだけにフォーカスできるのです。

例えば、長期の出張旅行にひとりで行くことで、他では得られない解放感を味わうことができます。新しい都市で自分だけの冒険を始め、気ままに好きな場所を訪れ、自分自身と向き合う時間を持つことで、素晴らしい気分を味わうことができるでしょう。


2. 経験を積む:

やりたいことがあるとき、他者と一緒に行動することを待つのではなく、積極的に経験を積むことが重要です。他者のやる気を待っているうちに、実現が難しくなることもあります。自分が本当にやりたいと思うことに対しては、一人でも行動する覚悟を持つことが必要です。

例えば、スカイダイビングの免許を取りたいと思っていたとします。友人たちが興味を示すのを待つ代わりに、一人で講習を受けることを決断することが重要です。他者の協力が得られなかった場合でも、一人で挑戦することで恐怖や挑戦に対する克服の喜びを味わうことができます。この経験は人生の中で重要なものとなり、将来の困難に対処する力を身につける手助けとなります。


3. 友達をつくる:

自分の周りに興味を共有する友達がいない場合、新しい友達を作ることも一つの方法です。知り合いの中に同じ趣味や関心を持つ人がいないと感じたら、外部で仲間を見つけましょう。他者との繋がりを広げることで、新しい冒険を共有できる友達が見つかる可能性があります。

例えば、ブラジリアン柔術を習いたいと思っているけれども、周りに同じ興味を持つ友人がいない場合、ジムやイベントで新しい友達を作ることで、共に学び合い、成長することができます。他者との共同の経験は、新しい可能性を広げ、一緒に成長する機会を提供してくれます。


結論:

ビジネスパーソンとしての成功は、仕事だけでなく、自分の成長ややりたいことを実現することにも関連しています。一人で始める冒険は、自分の限界に挑戦し、新しい経験を通じて成長する素晴らしい機会です。他者の協力を待つのではなく、気の赴くままに行動し、経験を積み、新しい友達をつくることで、やりたいことを実現する道が開けるでしょう。自分の可能性を広げ、未知の世界に踏み出す勇気を持てると良いですね。

 

 

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフトコーチング
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー