ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

キャリアブレイクからの光明: デンマークの「幸せの仮説検証」がもたらす啓示

「大手企業辞め「幸せの仮説検証」した人が見た光明」という記事を興味深く読みました。

toyokeizai.net

 

記事の概要

イントロダクション: 病気、育児、介護、学業など、様々な理由で働けない期間がある人々にとって、これまでは「履歴書の空白」とされてきました。しかし、最近ではこれを「キャリアブレイク」と呼び、肯定的に捉える文化が広まりつつあります。この記事では、デンマークの「幸せの仮説検証」から得た教訓をもとに、キャリアブレイク期間が新たな可能性を開くことを紹介します。

セクション 1: 生産的”ではない”時間に身を浸す場

  • 生産性志向の日本で、生産的でない時間の重要性を考える。
  • デンマークの「フォルケホイスコーレ」の紹介。
  • 日本人もフォルケホイスコーレに通う傾向の増加。

セクション 2: 「好きなこと」がわからなくなった

  • 大手企業でのキャリアを築いた松尾さんの経験。
  • 自己評価の低さと生きづらさ。
  • 松尾さんが「幸せの仮説検証」を始めた理由と方法。

セクション 3: 幸せの仮説検証から見えた光明

  • 松尾さんの幸せの仮説検証のスタート。
  • 出会いと楽しさから新たな仕事の道へ。
  • 自分のやりたいことが明確になるまでのプロセス。

セクション 4: フォルケホイスコーレでの学び

  • デンマークのフォルケホイスコーレでの2カ月間。
  • 生徒と先生が共に学び、価値観を共有する環境。
  • 松尾さんのやりたいことの輪郭が明確に。

セクション 5: 「無意味な時間をすごしてもいい」という自信

  • 日本でのフォルケホイスコーレの展開。
  • 松尾さんの成長と変化。
  • キャリアブレイクからの光明を見つける場所の多様性。

結論: キャリアブレイク期間は、生産性だけでなく、自己探求や幸福の追求にも使える貴重な時間です。デンマークの「幸せの仮説検証」や日本の類似の取り組みを参考に、自分のやりたいことを見つけ、新たな可能性を追求することができます。キャリアブレイクを否定せず、無駄な時間にも価値があることを考え、自分らしい人生を歩む一歩を踏み出しましょう。

自分の幸せを追求するためには

  1. 日常の観察と試行錯誤: 幸せを見つけるためには、日常生活を注意深く観察しましょう。何が本当に自分を喜ばせるのか、何が充実感をもたらすのかを探求しましょう。試行錯誤を通じて、新しい趣味や興味を見つけることができます。たとえ小さなことから始めても、積み重ねていくことで幸せの手がかりが見つかることがあります。

  2. 自己認識と自己受容: 幸せを見つけるためには、自己認識と自己受容が欠かせません。自分の強みや弱み、価値観、目標を理解しましょう。過去の経験や自己評価を振り返り、過度な自己批判から解放されましょう。自己受容を通じて、自分自身を愛し、幸せを受け入れやすくなります。

  3. 新しい経験と学びの場への挑戦: 幸せを見つけるためには、新しい経験と学びの場への挑戦が不可欠です。新しい環境や人々との交流は、自分自身を発見し、幅広い視点を得る手助けになります。デンマークのフォルケホイスコーレのような場所や、興味を持つ分野のコースに参加することで、新たな可能性を開拓し、幸せな人生への第一歩を踏み出すことができるのではないかと思います。

 

柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
心から願う人生を実現していくライフシフト・コーチング

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー