ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

【ライフデザイン】ウォーレン・バフェット流、「予定を入れない日」という習慣

「ウォーレン・バフェットの習慣「予定を入れない日をつくる」ことで得られるメリット4つ」という記事を読みました。

www.lifehacker.jp

 

記事の概要

イントロダクション:
成功を収めるビジネスリーダーや投資家の中でも、ウォーレン・バフェット氏はその独特な習慣で知られています。彼はカレンダーにまったく予定のない日を設けることで、成功に繋がると信じています。その習慣がもたらすメリットを紹介します。ビル・ゲイツ氏もバフェット氏から学び、その有益性を認識しました。本記事では、サラリーマンの皆さんに向けて、予定のない日の重要性と効果的な活用法について解説します。

  1. 「フロー」を見つけるのに役立つ
    バフェット氏が取り組む「予定のない日」は、自身のフロー状態を見つけるのに役立ちます。神経科学者のジョシュ・デイビスによれば、人間の生産性がピークに達する時間はわずか2時間ほどであり、個人によって異なります。この貴重な時間を有効に活用するために、重要でない用事を避けてフロー状態を得ることが重要です。バフェット氏はこの時間を計画立案やリサーチ、クリエイティブな仕事に割いています。

  2. 重要なイニシアチブに取り組むことができる
    多忙なビジネスリーダーやサラリーマンは、仕事で急を要することと重要な事項の優先順位を決めることに悩むことがあります。予定のない日を利用することで、新しい市場への参入や重要な計画の策定に集中できます。専門家は、これらの重要なイニシアチブを忘れないように、カレンダーに予定を書き込むことを推奨しています。

  3. 自発的に行動できる
    予定のない日を設けることで、追い求めたいチャンスに出くわしても自由な時間を持つことができます。ビジネスにとって重要な機会が訪れた際には、その自由な日を使って追求することができます。また、予期せぬ問題が発生した場合にも対処する時間を持つことができるでしょう。

  4. 考える時間をつくることができる
    脳の専門家たちは精神的なダウンタイムの重要性を強調しています。予定のない日は、創造性の筋肉を休ませて新たなアイデアを生み出すチャンスです。シャワーや散歩中に最高のアイデアが浮かぶことはよく知られています。バフェット氏がゲイツ氏に伝えた重要な教訓として、考える時間を持つことがビジネスにおいて極めて重要だと述べています。

まとめ:
ウォーレン・バフェット氏の「予定を入れない日」の習慣は、ビジネスリーダーやサラリーマンにも大きなメリットをもたらすものです。フロー状態を見つけ、重要なイニシアチブに集中し、自発的に行動し、創造性を高めるために、定期的に予定のない日を設けることをおすすめします。ビル・ゲイツ氏もその効果を認識し、私たちも真似して成功を掴み取るチャンスを増やしましょう。

 

考える時間を作って、何を考えたら良いのか

  1. 目標やビジョンの再確認:
    自分の人生やキャリアにおいて、本当に達成したい目標やビジョンを振り返り、再確認する時間を持ちましょう。目標が明確であれば、日々の行動や決定がより意味のあるものになります。目標が揺らいだり、変化があったりする場合には、新たな方向性を模索するための時間として役立ちます。

  2. 問題の解決と戦略の立案:
    自分や仕事に関連する課題や問題を洗い出し、その解決策や対策を考えることも重要です。予定のない時間を使って問題に集中し、創造的なアプローチで解決方法を見つけることができます。また、新たなビジネス戦略やプロジェクトの立案にも役立ちます。長期的な視点で物事を考えることで、より効果的な戦略を練ることができます。

  3. 自己成長と学習:
    自己成長や学習に時間を割くことも大切です。新しい分野の知識を深める、専門的なスキルを向上させる、リーダーシップやコミュニケーション力を向上させるために、本を読んだりオンライン講座を受講したりすることが考える時間の有効な使い方です。成長することで、自己の価値を高めることができます。

まとめると、考える時間を有効に使うためには、目標やビジョンの再確認、問題の解決と戦略の立案、自己成長と学習に集中することが重要です。これらのポイントに焦点を当てることで、より充実した人生と成功を手に入れるための道筋を見出すことができるでしょう。

 

 

柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
心から願う人生を実現していくライフシフト・コーチング

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー