ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

【キャリアデザイン】お金持ちになるための2つの行動

「お金持ちになれる人か一発でわかる2つの行動」という記事を読みました。

toyokeizai.net

記事の概要

お金持ちになるためには、特定の行動パターンを身につけることが重要です。トップクラスの経営者や成功者たちは、その行動パターンに共通点を持っています。本記事では、経営者でありコンサルタントでもある上岡正明氏のアドバイスから、お金持ちになるための行動について解説します。

【1. 小さなゴールを決めて、短時間集中する】

お金持ちになる人たちは、お金だけでなく「自由な時間」も手に入れています。そのためには、時間を有効に使い、効率的に仕事を進める必要があります。そのための方法として、以下の「1秒ルール」というテクニックがあります。

1秒ルールとは、集中力が続かないときなどに使える方法です。集中力を保つためには、目標に集中し、無駄な仕事や雑念を排除する必要があります。1秒ルールでは、高速で1つのことにフォーカスし、行動に移すことがポイントです。具体的なやり方は、両手でパチンと叩いて「よし、やるぞ」と声に出すだけです。この簡単な行動で、脳の行動中枢を刺激し、モチベーションを高めることができます。

また、行動することでドーパミンが分泌され、やる気も増します。行動することで脳の側坐核が刺激され、ドーパミンが分泌されることが最先端の研究でわかっています。したがって、手を叩くことや声を出すことは、行動のトリガーを作り出し、やる気を引き出す重要な手段となります。

【2. 行動した瞬間から改善策を考える】

成功者たちは、行動するだけでなく、行動した瞬間から改善策を考え始めます。行動と改善を同時に行うことで、効率的に成果を上げることができます。そのためには、早め早めに動き、現場での検証を重視し、必要な改善を迅速に行うことが重要です。

一流の経営者たちは、常に改善の意識を持ちながら仕事に取り組んでいます。例えば、湘南美容グループの相川佳之代表は、黒革の手帳を持ち歩き、気づいた改善点をすぐに書き込んでいます。行動予定として、改善策を具体的に計画し、部下や役員に伝えていくことで、素早い改善を実現しています。

また、楽天の創業者である三木谷浩史社長も「改善、改善、改善」「スピード、スピード、スピード」という座右の銘を持っています。彼は常に改善のスピードを重視し、行動しながら進化を遂げています。

成功者たちは、他人軸ではなく自分軸で仕事を進めることで、効果的な改善を実現しています。遅れることなく行動し、現場での検証を通じて改善策を見つけることで、効率的な成果を生み出しています。

【まとめ】

お金持ちになるためには、特定の行動パターンを身につけることが重要です。成功者たちの共通点として、小さなゴールを決めて短時間集中し、行動のトリガーを作り出す「1秒ルール」や、行動した瞬間から改善策を考えることが挙げられます。自己の行動を主体的にコントロールし、効率的に仕事を進めることで、お金持ちへの道が開けてきます。

日々の仕事においても、これらの行動パターンを取り入れることで、成果を上げることができます。自分の目標に向かって小さなステップを踏み、効果的な行動と改善を繰り返していきましょう。お金持ちになるための行動習慣を身につけることで、成功への道が拓かれることでしょう。

キャリアデザインの観点から

【キャリアデザインの観点からのポイント】

  1. 自己成長を意識した行動
    キャリアデザインにおいて重要なのは、自己成長を意識した行動です。お金持ちになるためだけでなく、自身のスキルや知識を磨き、将来のキャリアに繋げることが求められます。成功者たちは常に学び続け、自己成長を促進するために努力しています。具体的な行動としては、セミナーや研修への参加、書籍やオンラインコースの学習、新たなスキルの習得などが挙げられます。自己成長にフォーカスした行動は、キャリアの発展と成功への道を拓く重要なポイントです。

  2. リスクを恐れずチャンスを掴む行動
    キャリアデザインにおいては、リスクを恐れずチャンスを掴む行動が必要です。お金持ちになるためには、新たなビジネスチャンスやキャリアの転機を見極め、積極的に挑戦することが求められます。成功者たちは、安定や安易な選択に囚われず、リスクを冒してでも成長の機会を追求します。例えば、新しいビジネスの立ち上げや起業、異業種への転職など、大胆な行動を選択することがあります。リスクを恐れずチャンスを掴む行動は、キャリアデザインにおいて成功を収めるために欠かせない要素です。

  3. 自己ブランディングとネットワーキング
    キャリアデザインにおいては、自己ブランディングとネットワーキングが重要なポイントとなります。自己ブランディングは、自身の価値や強みを明確にし、他人からの認知や信頼を築くための活動です。成功者たちは、自己ブランディングを通じて自身の魅力をアピールし、自分を差別化することで競争力を高めます。ネットワーキングは、他の人との関係構築やつながりを築くことで、情報や機会を得るための重要な手段です。成功者たちは積極的にネットワーキングを行い、ビジネスやキャリアにおいて有益なつながりを築きます。
    具体的な行動としては、自己ブランディングの一環として自身の価値を伝えるためのウェブサイトやブログの運営、ソーシャルメディアでの発信活動、業界やコミュニティのイベントへの参加などが挙げられます。ネットワーキングにおいては、業界関係者や専門家との交流会やコンファレンスへの積極的な参加、既存のつながりを活用して新たな人脈を広げる努力が重要です。
    自己ブランディングとネットワーキングは、キャリアデザインにおいて他者からの評価や機会の創出に大きく影響します。自身の強みや専門性を明確にし、他人との関係を構築することで、成功への道を切り開くことができます。

【まとめ】

キャリアデザインにおいて重要なポイントを3つ挙げました。自己成長を意識した行動、リスクを恐れずチャンスを掴む行動、自己ブランディングとネットワーキングです。これらのポイントを意識して行動することで、キャリアの発展と成功に繋がる可能性が高まります。自身の目標に向かって積極的に行動し、自己成長を促進し、リスクを冒して新たなチャンスを追求し、自己ブランディングとネットワーキングを通じて自身の存在を確立しましょう。キャリアデザインは自分自身の手で築いていくものではないかと思っています。

 

柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
心から願う人生を実現していくライフシフト・コーチング

友だち追加

 

運営者情報 プライバシーポリシー