ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

会社員からゲストハウス経営へ――元商社マンが見つけた人生の転機と幸せ

「元商社マンがゲストハウス開業で見つけた天職」という記事を読みました。

toyokeizai.net

 

記事の要約

はじめに:

会社員生活に理不尽なことに悩まされ続けたサラリーマンたちの中には、新たな人生を切り開くために転職を決意する人々がいます。今回の連載では、兵庫県姫路市の城下智久さん(52)が、20年半の会社員生活を経てゲストハウス経営に転身したエピソードをご紹介します。彼の勇気ある一歩は、理不尽に苦しむ会社員たちに勇気と希望を与えるかもしれません。

本文:

会社退職し、ゲストハウスをオープン

2017年6月、城下さんは会社を退職し、「シロノシタゲストハウス 姫路のお宿」をオープンしました。その名前は、偶然にも姓が「城下(しろした)」であり、姫路城の城下にゲストハウスを作るという意味を表しています。開業当初は予約がなく、初日のお客さんはゼロでしたが、3日目から予約が入り始め、以降、幸運に恵まれた道を歩んできました。

転職のきっかけ

城下さんは商社で14年間働いた後、44歳のときに退職を決意しました。給与面では安定していたものの、理不尽なことによるストレスがたまり、長く働くことができないと感じたからです。転職を考える選択肢もありましたが、「組織で働くこと自体が自分には向いていないのではないか」「転職しても同じことを繰り返すのではないか」と考え、早期にリタイアし新たな道を模索することにしました。

ゲストハウス開業への思い

そんな中、城下さんはテレビ番組で「ゲストハウスの開業が増えている」という話題を知りました。大学生時代から旅好きであり、海外のゲストハウスに泊まることが多かった城下さんは、ゲストハウスの魅力に強く惹かれました。それが自分の新たな人生の方向ではないかと感じ、「これだ!」と思いました。

ゲストハウス経営への道のり

ゲストハウスは海外ではバックパッカー向けの安宿として広まっていましたが、日本では旅館業法の「簡易宿所」として許可を得る必要がありました。しかし、2000年代初めごろから開業する人が増え、日本でも広がっていきました。

城下さんはゲストハウス開業に向けてリサーチを重ね、妻にもその夢を伝え、共有の理解を得ました。そして、土地の探しを始めるために愛媛県での勤務地を離れ、関西に戻る決断をしました。土地探しには苦労しましたが、観光地である姫路を選び、土地を購入してゲストハウス兼自宅を建てることに決めました。

開業準備と苦労

会社を辞めてからは、商工会議所主催の起業塾に参加し、起業の基本を学びました。家族の生活がかかっているため、ビジョンを持って事業を進めることが重要だと感じ、準備に取り組みました。土地探しや建築の手続き、法律や条例の確認など、多くの課題に直面しましたが、役所関係や専門家に相談しながら進めていきました。

建築費の予算オーバーにも苦しんだ城下さんは、自分でできることは自分で行い、コスト削減に努めました。さらに、兵庫県のUターン起業家向けの補助金を受けるなど、資金繰りにも工夫を凝らしました。妻が食品衛生責任者の資格を取得し、朝食の提供などで差別化を図りました。

コロナ禍の挑戦

開業後、ゲストハウスは順調に運営されましたが、突然のコロナ禍が訪れました。休業や制限が発令され、大きな打撃を受けました。しかし、城下さんは諦めずに何かできることを考え、姫路市のイメージキャラクター「しろまるひめ」をデザインした「姫路エールマスク」を製作し、販売を開始しました。また、御朱印帳のような「御宿印帳」を制作し、ゲストハウスを訪れたお客さんに集めてもらう取り組みも始めました。これらの活動により、支援を受けたり新たなお客さんを呼び込むことに成功しました。

コロナ禍の収束に伴い、宿泊客の数も徐々に回復しています。城下さんは開業当初から掲げていた「すべてのお客様に笑顔で帰っていただけるゲストハウス」を目指し、おもてなしの心を持ち続けています。また、ゲストハウスの存在をより多くの人に知ってもらいたいとの思いから、御宿印帳を通じて地域の活性化にも取り組んでいます。

結論

城下さんのゲストハウス経営への転身は、会社員生活に疲れた多くの人々に勇気と希望を与えるものとなりました。彼は自分の責任と裁量のもとで働くことが幸せであり、お金儲けばかりに執着するよりも、楽しく生きることの大切さを実感しています。

コロナ禍にも負けずに挑戦し、自分の夢を追い求める姿勢は称賛に値します。城下さんの物語は、サラリーマンたちに新たな可能性を示し、自分の人生を切り開く勇気を持つことの大切さを教えてくれます。

ゲストハウス経営者として、城下さんは今日も姫路のお宿でお客さんを温かく迎え入れ、笑顔で送り出しています。彼のストーリーは、夢を追いかける人々にとっての励みとなることでしょう。

 

キャリアデザインの観点から

 

キャリアデザインの観点から見ると、城下さんのケースは重要な示唆を与えています。以下にキャリアデザインの観点からの追記を行います。

  1. 自己理解と情熱の発見:
    城下さんは長い会社員生活の中で、理不尽なことやストレスに苦しんでいました。そこで、自分に合った働き方や生き方を見つけるために自己理解を深めることが重要です。自分の情熱や興味がある分野や活動を見つけ、それに向かって進むことで、より充実したキャリアを築くことができます。

  2. チャレンジとリスクの受け入れ:
    城下さんは安定した給与とは裏腹に、会社員としての働き方に疑問を感じ、ゲストハウス経営への転身を決断しました。このような大胆な転身はリスクを伴いますが、チャレンジ精神を持ち、リスクを受け入れることが重要です。新たな道に踏み出すことで、自己成長や達成感を得ることができます。

  3. 情報収集とリサーチ:
    城下さんはゲストハウス経営を志し、リサーチを重ねました。新たなキャリアを追求する際には、関連する業界や分野についての情報収集やリサーチが欠かせません。自身の目標や夢に向かって必要な知識やスキルを習得し、事前に準備をすることが成功への道を開くでしょう。

  4. スキルの習得と学び続ける姿勢:
    城下さんは起業塾に参加し、簿記や姫路検定などの資格を取得しました。自分の目指すキャリアに必要なスキルや知識を積極的に習得することは重要です。また、一度目標を達成しても学び続ける姿勢を持つことで、変化する環境に適応し続けることができます。

  5. 自己マーケティングとネットワーキング:
    城下さんはゲストハウスの存在を広めるために様々な活動を行い、御宿印帳の制作やクラウドファンディングに取り組みました。これは自己マーケティングの一環であり、自身のビジネスやゲストハウスの魅力を広く知ってもらうための努力です。また、城下さんはネットワーキングも重視しており、地域の関係者や他のゲストハウスのオーナーとのつながりを築きました。ネットワークを活用することで情報や支援を得ることができ、自身のキャリアの発展にもつながります。

  6. チームビルディングとリーダーシップ:
    城下さんはゲストハウスを家族経営として運営しており、家族との協力やチームビルディングが重要な役割を果たしています。リーダーシップを発揮し、家族やスタッフとの円滑なコミュニケーションや協力関係を築くことがゲストハウスの成功に繋がります。

  7. 持続性と柔軟性:
    コロナ禍による困難な状況に直面した城下さんは、柔軟性を持って状況に対応し続けました。自身のビジネスモデルを見直し、新たなアイデアや取り組みを生み出すことで持続性を確保しました。キャリアデザインにおいても、柔軟性を持ち、変化に対応しながら自己の目標に向かって進むことが重要です。

 

城下さんのストーリーは、キャリアデザインの観点から見ると、自己の情熱や理想を追求する勇気、情報収集や学び続ける姿勢、自己マーケティングやネットワーキングの重要性、持続性と柔軟性の必要性など、多くの示唆を与えています。彼の転身の成功は、自身のキャリアをデザインする際の参考となるでしょう。自己の情熱や価値観に基づき、柔軟に変化しながら自身の目標に向かって進むことが、充実したキャリアの構築への道となるのです。

 

 

柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
心から願う人生を実現していくライフシフト・コーチング

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー