ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

50代のビジネスパーソンのためのリスキリング:未来への道を切り拓く4つの方法

「「役職のない50代」がビジネスで、自分の価値を圧倒的に倍増させる「4つの方法」…「リスキリング」のプロが教える」という後藤宗明さんの記事を読みました。

gendai.media

記事の概要

最近、ビジネス界では「リスキリング」という言葉が頻繁に耳にされるようになりました。これは新しいスキルを学び、実践し、新たな職業に就くことを指します。このリスキリングの必要性は、日本政府も認識し、「5年で1兆円」の予算を割り当て、職務給の導入や労働移動の円滑化などを推進しています。

この記事では、『新しいスキルで自分の未来を創る リスキリング【実践編】』の著者である後藤宗明氏が、50代以上のビジネスパーソンが自身の価値を倍増させるための方法について語ります。

50代のスキル見直し「4つのポイント」

現代の日本では、50代になると組織における雇用環境が強制的に変わる可能性が高まります。退職勧奨、役職定年、早期退職、スキルの陳腐化による職務変更など、ポジティブな意思決定とは無関係な選択が増えています。セカンドキャリアを考える際、新たな可能性を開拓するためのスキル習得が必要です。

(1) 自分の経験と陳腐化したスキルの見直し

50代に入る際、30年以上の職業経験を振り返り、陳腐化したスキルを特定し、強化していくことが大切です。自身の強みを把握する難しさがある場合は、キャリアコンサルタントに相談するか、転職活動を通じて自身の評価ポイントを客観的に知ることが役立ちます。

(2) アンラーニング

50代の多くはデジタルリテラシーが低いため、デジタル分野でのスキルアップが必要です。アンラーニングを通じて、新たな仕事の進め方や価値観を身につけましょう。50代ならではのデジタル分野での経験は、労働市場で希少性を持つ要素です。

(3) マネジメント能力を活かす

50代には豊富な経験と知識があります。リスキリングを通じて新しい知識と技術を学び、既存の経験と知識を活かすことで、他のビジネスパーソンと差別化できます。また、マネジメント能力を生かし、他のスタッフの育成に関与することで、自身の価値を高めることができます。

(4) デジタルリテラシーの向上

50代でデジタル分野を理解することは、将来のキャリアにおいて大きなアドバンテージとなります。AIの発展により、デジタルリテラシーを向上させるのは今までよりも簡単になりました。デジタル分野でのスキルを活用し、新たなビジネスチャンスを追求しましょう。

結論

50代のビジネスパーソンにとって、リスキリングは未来への道を切り開く鍵です。雇用環境の変化に対応し、新たなスキルを習得し、自分の未来を積極的に創造しましょう。選択肢を増やし、成功への道を切り拓くために、今がチャンスです。未来のビジネス環境に適応し、自身の成長を継続させるために、リスキリングを進めましょう。

 

キャリアデザインとリスキリングの観点から

  1. 明確なキャリア目標の設定
    キャリアデザインの中で最も重要なステップは、明確なキャリア目標を設定することです。50代になると、自身の経験とスキルを最大限に活かすための方向性を明確にする必要があります。どの分野や職種での再出発を考えているのか、そのために必要なスキルや資格は何か、将来のライフスタイルや経済的な目標をどう実現するかを具体的に考えましょう。

  2. 持続的な学習とスキルアップ
    リスキリングは持続的な学習とスキルアップが欠かせません。新しいスキルや知識を習得し、アップデートすることで、競争力を保ちます。オンラインコースや専門書、セミナーなどを活用して学習を継続し、新たなスキルを積み重ねましょう。また、業界のトレンドや技術の進化に敏感であり、自身を常にアップデートし続けることが肝要です。

  3. ネットワーキングとアウトリーチ
    キャリアデザインとリスキリングの過程で、他のビジネスパーソンとのコネクションは非常に重要です。業界の専門家や同じ志を持つ仲間とのネットワーキングを通じて、情報交換やアドバイスを受けることができます。また、LinkedInやプロフェッショナルなコミュニティに参加し、自身のスキルや経験をアピールすることも大切です。アウトリーチを通じて新たな機会や仕事の可能性を広げ、キャリアデザインを成功させましょう。

 

 

柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
心から願う人生を実現していくライフシフト・コーチング

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー