ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

【キャリアデザイン】50代女性が陥りやすい定年前不安シンドロームへの対処について

「働く50代女性が陥る定年前不安シンドローム」に関する記事を読みました。

diamond.jp

【定年前不安シンドロームの背景】

多くの50代女性は、定年後も同じ仕事を続けるか迷い、悩んでいます。かつての時代では、働く女性の多くは専業主婦かパートタイマーでした。しかし、近年では働く50代女性の相談が急増しています。この増加は、男女雇用機会均等法が施行されてからの数十年によるもので、第1世代の女性が50代になったことによるものです。

【働く50代女性の悩み事】

働く50代女性たちの共通の悩みは、「定年後、どうすればいいのか」ということです。以下は、具体的な悩みの声です。

「再雇用で働いたとしても、65歳以降の仕事はあるのだろうか」
「老後資金はいくらあると安心なのか」
「定年以降は別の仕事を見つけたいけれど、どう見つければいいのか見当がつかない」
「勤務先に定年を迎えた先輩がいないから、ロールモデルがなく、60歳以降の仕事人生を想像しにくい」


【定年前不安シンドロームの解消法】

定年前不安シンドロームを解消するためには、以下の対処法が有効です。

  1. 再雇用に対する心理的な抵抗を捨てる:後輩たちの考えに気を使う必要はありません。再雇用を選ぶかどうかは自分自身の懐事情と自分が望むことを基準に決めるべきです。

  2. お金に関する不安と将来の迷いを切り分ける:老後の資金に不安がある場合でも、まずは再雇用で収入を確保することが重要です。現時点で別の仕事が見つかっていない場合や収入が十分に見込めない場合は、再雇用を受け入れてお金の安定を図ることが賢明です。

  3. 自分のお金と勤務先の制度を「見える化」する:具体的な収入と支出を明確にし、自分のお金の状況を把握することが重要です。年間の支出状況や貯蓄額、年金の受け取り時期などを確認し、勤務先の制度についても詳しく調べましょう。人事部に質問して会社の制度を把握し、将来の生活設計を立てるための情報を集めましょう。

  4. 不安を具体化する「見える化」作業を行う:収入と支出を「見える化」することで、不安を具体化し対処法を考えることができます。具体的な数字や現実を直視することで、対策を立てやすくなります。

  5. ラストスパートで老後資金を作る:退職まで数年がある場合は、貯蓄に励むことで老後資金を増やすことができます。支出を見直し、無駄な出費を減らしましょう。支出をスリム化しておくことで、定年後の収入ダウンによる影響を軽減することができます。

  6. 専門書や情報を活用する:定年前後に読む本や情報を活用することで、自身の状況や選択肢を理解し、準備を進めることができます。ライフプランセミナーや関連する書籍を参考にしながら、将来の生活設計について学びましょう。

 

定年前不安シンドロームを克服するためには、自身の状況を客観的に見つめ、将来の不安要素を具体化して対処法を考えることが重要です。自分のお金の見える化や勤務先の制度の確認、老後資金の計画立て、情報収集などの手順を踏むことで、不安を取り除き、より明確な道筋を描くことができます。

また、再雇用やキャリアの転換などの選択肢も検討しましょう。再雇用によって定年後の収入を確保することは安心感をもたらし、将来の生活設計を安定させる一助となります。

この記事で紹介された対処法は、女性だけでなく男性にも有効なものです。男性も将来の不安や迷いを抱えることがあるかもしれません。定年前の段階で不安要素を具体化し、対策を講じることで、より積極的に未来を設計することができるでしょう。

定年前不安シンドロームは、誰もが直面する可能性のある問題です。しかし、適切な対処法を持つことで不安を和らげ、定年後の人生を充実させることができます。自分自身の懐事情や将来の希望を考慮しながら、前向きな姿勢で未来を見据えていきましょう。

 

 

柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
心から願う人生を実現していくライフシフト・コーチング

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー