ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

【ライフデザイン】豊かな老後を迎えるためのお金・健康・幸福のバランスとは?

「定年後いくら収入があれば幸せなのか お金と健康と幸せのバランスを考えてみた」という記事を読みました。

fpcafe.jp

記事の要約

老後の収入が大きく減ることを考えると、将来に対する不安を感じるサラリーマンは多いでしょう。しかし、老後の幸せにはお金だけが鍵ではありません。お金と健康、そして幸福のバランスを見つめなおし、将来の準備を整えることが大切です。今回は、定年後の収入や生活費、幸福な老後を迎えるためのポイントを考えてみましょう。

1. 老後の生活費はいくら必要か?

現代は人生100年時代と言われ、60歳からの30年以上の老後期間を過ごすことが珍しくありません。老後の生活費を考える際には、夫婦2人での最低日常生活費と、ゆとりある生活を送るための金額を見てみましょう。

生命保険文化センターによる調査によれば、夫婦2人で老後生活を送る上での最低日常生活費は月額平均23.2万円、ゆとりある生活を送るためには月額平均14.8万円が必要とされています。これらを合計した「ゆとりある老後生活費」は、月額平均37.9万円となっています。

この余裕のある生活費には、旅行やレジャー、日常生活費の充実、趣味や教養、身内とのつきあいなどが含まれます。これらの活動が、アクティブで充実した老後を築く手助けとなるでしょう。

2. 幸せな老後を送るための順番

幸せな老後を迎えるためには、健康、つながり、お金の順番が重要です。健康な体と心が基盤となり、その上で愛やつながりがあることが幸福を築く要素となります。最後にお金や成功が加わる形で幸せが成り立つのです。

特に「つながり」は重要な要素です。仕事やお金を追求する一方で、家族や友人とのつながりを軽視してしまうと、心の充足感や幸福感が欠落してしまう可能性があります。また、健康な体と心を犠牲にしても得たお金や成功は、本当の幸福とは言えません。健康な体と心があってこそ、幸せな老後を実感できるのです。

3. 早い段階からの準備が幸福感を高める

老後の幸福感を高めるためには、早い段階からの準備が不可欠です。先ほどの生活費データを見てもわかる通り、老後にはある程度の資金が必要ですが、一方で無駄に多くのお金を追求するだけではバランスが崩れてしまいます。

老後にやりたいことや充足感を明確にし、それに必要なお金を計画的に貯めることが大切です。同時に、健康習慣を身につけることも欠かせません。健康な体と心があることで、自分の好きなことを楽しみ、精力的に活動することが可能になります。

まとめ

老後における幸福感は、お金と健康、つながりのバランスによって築かれます。お金は幸福を買う手段ではありますが、健康な体と心がなければ本当の幸福を実感することは難しいでしょう。老後を楽しむためには、自分の欲望や充足感を考えつつ、計画的に資金を準備し、健康状態を維持することが大切です。バランスの取れた老後の準備が、より豊かな人生を約束するのです。

 

自分の価値観を掘り下げることの重要性

幸福感と自分の価値観は密接に関連しています。自分の価値観を理解し、それに基づいて生きることは、満足度や充実感を高め、より意義のある人生を築く一助となります。以下に、自分の価値観を掘り下げる重要性とその方法を具体的に説明します。

自分の価値観を掘り下げる重要性

方向性を定める: 自分の価値観を明確にすることで、人生の方向性や目標が明確になります。これにより、迷いや悩みが減少し、効果的な決断をすることができます。

  • 自己理解を深める: 自分の価値観を知ることで、自己理解が深まります。自分の優先事項やニーズを理解することで、自分自身との関係を向上させることができます。

  • 充実感を得る: 自分の価値観に従って行動することで、充実感や満足感を感じやすくなります。自分が大切とすることに時間とエネルギーを使うことで、人生の質が向上します。

  • 人間関係を向上させる: 自分の価値観に共鳴する人々との関わりを深めることで、より意義のある人間関係を築くことができます。


価値観を掘り下げる方法

  • 内省と質問: 自分自身に向き合い、何が自分にとって本当に大切なのかを考えます。日常の中で感じる喜びや充実感、達成感の瞬間を振り返り、そこから価値観を見つけ出します。

  • 優先事項を設定する: 人生のさまざまな側面(仕事、家族、趣味など)において、何が最も重要なのかを考えます。優先順位をつけることで、時間とリソースを適切に割り当てることができます。

  • 自分の強みと関心を考える: 自分が得意なことや興味を持っていることは、自分の価値観と関連していることが多いです。自分の強みや関心を振り返り、それを活かす方法を模索します。

  • 他人の影響を排除する: 他人の期待や社会の評価に囚われず、本当に自分が求めるものを考えることが大切です。自分自身の声に耳を傾け、本来の価値観を見つけ出します。

  • 実験と調整: 新しいことに挑戦することで、自分の価値観をより明確にすることができます。異なる経験を通じて、何が自分にとって意義深いのかを発見し、調整していくことが重要です。

自分の価値観を掘り下げることは、人生をより充実させるための重要なステップです。内省し、自己理解を深め、自分の本質に基づいて行動することで、幸福感を高め、満足度のある人生を築くことができるのではないかと思っています。

 

 

柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
心から願う人生を実現していくライフシフト・コーチング

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー