ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

【ライフデザイン】60代の人生を楽しむためのお金の使い方


和田秀樹さんの「60代はお金を無理にため込む必要ない」という記事を拝読しました。

toyokeizai.net

記事の概要

1. お金を使って幸せに

将来の不安からお金をため込むことは、実は幸せを逃すことにつながりかねません。60代になれば年金も支給され、無理してお金をため込む必要はありません。自分の夢や希望に向かってお金を使うことで、人生を豊かにすることができます。海外旅行や趣味にお金を使って、心豊かな日々を送りましょう。


2. 幸せなのは「使う人」

資本主義社会において、お金を持っていることよりも、お金を使って幸せを感じることが大切です。自分の楽しみや経験にお金を投資することで、心の満足度が高まり、老化を遅らせることにもつながります。また、周囲に喜びを与えることで、自分自身も幸せを感じられるでしょう。


3. 年齢は関係ない

現代社会では、年齢による価値観の違いは以前ほど大きな隔たりを生みません。親子や祖父母と孫が一緒に楽しむことが当たり前になっています。60代以上の人たちは、若い世代にぜいたくや良い経験を提供できる存在です。自信を持って、若者と共に楽しい時間を過ごしましょう。


4. ぜいたくな経験を積み重ねる

お金を使ってぜいたくな経験をすることは、人生を豊かにする大切な投資です。月に一度でも、高級レストランで美味しい料理を楽しんだり、特別な場所に旅行したりすることで、心が満たされます。これらの経験は、人生を振り返るときに貴重な思い出となり、自己成長や満足感につながります。

まとめ

60代に入ったからこそ、お金を使って自分らしい人生を謳歌しましょう。将来の不安よりも、今を大切にし、お金を使って幸せを感じる経験を積み重ねましょう。60代は、豊かな経験と心の満足度で満たされた人生を送ることができる素晴らしい時期だと思います。

ライフデザインの観点から

1. 自分らしい価値観を追求する

60代に入ると、人生の本質的な価値観を見つめ直すチャンスです。自分が何を大切にし、どんな人生を送りたいのかを考え、それに向かって資源を使っていくことが重要です。お金や時間を、本当に自分が望むことに投資することで、充実感と満足度の高い生活を築くことができます。自分の夢や目標に向かって積極的に動き、満たされた人生をデザインしましょう。

2. 豊かな人間関係を築く

60代以降の人生は、孤独感や社会的孤立を感じやすい時期でもあります。しかし、豊かな人間関係は幸福感や生きがいを支える要素です。家族や友人、コミュニティ活動など、人との交流を大切にしましょう。新しい出会いや友人を作ることで、刺激を受けつつ、自身の視野を広げることができます。人間関係を通じて愛情や支えを受け、共に笑顔で過ごすことが、充実感あるライフデザインを築くカギです。

3. 身体と心の健康に投資する

健康な身体と心は、豊かな人生を楽しむための基盤です。定期的な運動やバランスの取れた食事、ストレスを軽減する趣味や趣味を持つことは、身体と心の健康をサポートします。また、メンタルヘルスのケアも欠かせません。心の健康を保つためには、趣味に没頭する、マインドフルネス瞑想を取り入れる、心理カウンセリングを受けるなど、積極的に自己投資を行いましょう。健康な体と心を維持することで、日常生活に活力をもたらし、充実感ある毎日を送ることができるのではないかと思います。

 

柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
心から願う人生を実現していくライフシフト・コーチング

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー