ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

【ライフデザイン】年収だけでは幸福感は得られない?サラリーマンが幸福感を高める方法

「年収1500万円超が幸せとは限らない…でも自分で幸福感を上げる方法があった」という記事を読みました。

diamond.jp

記事の概要

多くの人が収入が上がると幸福感も上がると考えていますが、実際には収入と幸福度は必ずしも一致しないことが研究によって明らかになっています。また、日本人の幸福感も低いと言われています。本記事では、行動経済学を基に、サラリーマンが幸福感を上げる方法を考えていきます。

  1. 収入上昇と幸福度は必ずしも一致しない
    多くの人は収入が上がると幸福感も上がると考えていますが、実際には内閣府の調査や大学の研究によると、収入の上昇と幸福度の関係は一様ではありません。ある程度の収入上昇は幸福感を高めますが、一定のラインを超えると幸福度が下がる現象も見られます。お金を持つことで新しい仕事のストレスが生まれるなど、苦しみが増える要因が考えられます。

  2. 他人との比較による幸福感
    幸福感は自分の給料だけでなく、他人との比較によっても形成されます。収入を他人と比較することで幸福感が上下する現象があります。しかし、幸福感を得るためには他人との比較に囚われず、自分の価値観で行動することが重要です。他人との比較による幸福感は一時的であり、自分の成長や自己実現にフォーカスすることでより持続的な幸福感を得ることができます。

  3. 日本人の幸福感の低さ
    日本人の幸福感は世界的に見ても低いと言われています。内閣府の調査によると、日本人の生活満足度は平均で5.7点となっており、他の国に比べて低い水準です。また、アジアの国々と比べても幸福感が低い傾向があります。幸福感を高めるためには、健康状態や社会とのつながりを意識する必要があります。自分の健康管理や人間関係の充実に努めることが重要です。

  4. 幸福感を上げる行動経済学のアプローチ
    幸福感を上げるためには、行動経済学の原則を活用することが有効です。以下にいくつかのアプローチを紹介します。

    (1) 所得を上げる:所得が低いと幸福感を抱きにくい傾向がありますので、所得を上げることは重要です。転職や副業を検討するなど、自分の経験や技術を活かして収入を増やす方法を模索しましょう。

    (2) 人との交流と感謝:幸福感は他人との関係の中で築かれることがわかっています。感謝の気持ちを持ち、他人との交流を大切にしましょう。毎日の挨拶や感謝の言葉を意識することで、幸福感を高めることができます。

    (3) 自分らしく生きる:自分のアイデンティティや自己表現を大切にすることも幸福感を高める要素です。他人と比較せず、自分の信念や価値観に基づいた行動を取ることで、自己肯定感を高めることができます。

    (4) 適度な運動:適度な運動を行うことは精神状態の改善や幸福感の向上につながります。日常生活でできる簡単な運動や散歩などを習慣化しましょう。遺伝的な要素も幸福感に関与していることが分かっており、遺伝的な特徴に左右されずに後天的に考え方を変えることで幸福感を育むことも可能です。

仕事で幸福感を得る方法

  1. 自分にしかできない仕事の重要性
    仕事において幸福感を得るためには、自分にしかできない職能を身につけることが重要です。自分の得意なスキルや個性を活かした仕事に取り組むことで、給料や選択肢の拡大だけでなく、自己アイデンティティの確立も図ることができます。自分にしかできない仕事は、経済的な安定性や他者からの評価にも影響を与え、自己肯定感を高める要素となります。

  2. 格差社会を乗り越えるために
    近年、格差社会が深刻化していますが、自分にしかできない職能を身につけることで、その影響を乗り越えることができます。自分ならではのスキルや能力を持つことで、雇用の選択肢や交渉力が増し、自己成長や経済的な安定に繋げることができます。また、コミュニケーション能力の向上も重要です。自分ならではの武器を持ち、格差社会に立ち向かいましょう。


結論:

収入の上昇だけではなく、他人との比較に囚われずに自己成長や自己表現を追求し、他人との交流や感謝の気持ちを大切にすることで、幸福感を高めることができます。また、自分にしかできない職能を身につけることや格差社会に対する戦略も重要です。行動経済学の原則を活用し、サラリーマンとしての幸福感を追求しましょう。

 

ライフデザインの観点から

ライフデザインの観点から重要なポイントを3つ挙げます。

  1. 自己の価値観を明確にする:幸福感を追求するためには、自分自身の価値観を明確にすることが重要です。自分にとって何が本当に意義のあることなのかを考え、それに基づいて生活や仕事をデザインしていくことが必要です。自己の価値観に合致した目標や優先順位を設定し、それに向かって行動することで充実感や幸福感を得ることができます。

  2. ワーク・ライフ・バランスを重視する:幸福感を追求するためには、仕事とプライベートのバランスを取ることが重要です。過度な仕事の負荷や時間の不均衡はストレスや疲労を引き起こし、幸福感を損なう可能性があります。自分の時間や趣味、家族や友人との関わりを大切にし、仕事とプライベートの調和を図ることで、より充実した人生を送ることができます。

  3. プロフェッショナルな成長を追求する:自己成長は幸福感を高めるために重要な要素です。自分の専門性やスキルを向上させることで、仕事においてより高い成果を上げることができます。また、新たな知識や経験を積み重ねることで自己成長を実感し、達成感や満足感を得ることができます。自己啓発や学習の機会を活用し、プロフェッショナルな成長を追求することで、より充実したライフデザインを築くことができます。

これらのポイントを意識しながら、自分自身の幸福感を追求するためのライフデザインを考えてみてみると良いでしょう。

 

柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
心から願う人生を実現していくライフシフト・コーチング

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー