ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

「都心・準都心の賢いマンション選び:60平米の理由」

#「70平米でも、80平米でもない…不動産のプロが「マンションを買うなら60平米が最適」と考えるワケ」という記事を読みました。

bunshun.jp

 

こんにちは、サラリーマンの皆さん。今回は不動産に関する興味深い話題をお届けします。最近、不動産のプロが「マンションを買うなら60平米が最適」と言っていることをご存知でしょうか?本記事では、その背景や理由について詳しくご紹介します。

60平米のマンションが選ばれる理由

多くの人々が、広さや部屋数を重視して大きなマンションを選びがちです。しかし、専門家の間では60平米のマンションが理にかなった選択であると言われています。なぜなら、以下のポイントから60平米の選択が有利だからです。

  1. 適正な広さと価格バランス: 60平米のマンションは手頃な価格で購入できるため、資産価値を保ちながらも負担が少なくて済みます。

  2. 売却や貸し出しのしやすさ: 60平米は、広すぎず狭すぎない範囲で、売却や貸し出しの際に需要が高い傾向にあります。適切なサイズであるため、市場での動きに柔軟に対応できます。

  3. コストパフォーマンスの良さ: 60平米のマンションは、管理費や修繕積立金、税金などのコストを抑えることができるため、住宅ローンの負担も軽減されます。また、税制メリットも効果的に受けられます。

実際の成功事例

この考え方は実際に多くの人々に利益をもたらしています。例えば、夫婦と生まれたばかりの子供1人の3人家族が、都心で暮らすために60平米の2LDKのマンションを購入しました。子供が成長しても無理なく暮らせるサイズであり、利便性も高いため、10年後に売却した際には購入価格から2000万円以上も高値で売れたという成功事例があります。

リスク回避の重要性

今後の人口減少や少子高齢化が進む中で、家を購入する際にはリスク回避が重要です。資産価値を保ちつつも、月々の負担を抑え、将来的な売却や貸し出しにも対応できる物件の選択が求められています。特に、都市部で利便性の良い立地を選ぶことが大切です。

将来の家族構成の変化を考慮

将来的な家族構成の変化も考慮して賢く選びましょう。今後は一人暮らし世帯や夫婦のみ世帯が増加すると予測されており、広すぎる家は必ずしも必要ではありません。60平米のマンションは、さまざまな世帯に適しており、将来のニーズにも合わせやすい選択と言えます。

まとめ

不動産購入は将来の暮らしに大きな影響を与える重要な決断です。専門家のアドバイスや過去の成功事例を参考に、コストパフォーマンスの良い60平米のマンションを検討してみることをおすすめします。都心・準都心での利便性と将来の安定を見据えた家選びは、賢明な選択と言えるのではないかと思います。このような60m2という具体的なアドバイスをもらえると同意するかどうか考える機会となりますので、自分の考えもよりシャープに、具体的になっていきますね。

 

 

柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
心から願う人生を実現していくライフシフト・コーチング

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー