FIREした元総合商社マンから学ぶMBA式ライフシフトコーチング

FIREした元総合商社マンから学ぶMBA式ライフシフトコーチング

資源バランスの優先順位:ビジネスパーソンが避けるべき『貧乏の罠』

「表面的に羽振りよく見える人にも貧乏の影は迫る」という記事を拝読しました。

toyokeizai.net

記事の概要

近年、表面的な豊かさを誇るビジネスパーソンでも、貧困の影が忍び寄る現象が増加しています。お金、時間、知識、信頼の収支のバランスが崩れた結果、生活の質が低下し、ビジネスや人生のさまざまな側面に不条理と不合理が生じています。この記事では、「貧乏」に焦点を当て、経営的視点からその要因や解決策について考察します。

  1. 見かけだけではない貧乏

    見た目や年収だけではなく、お金の使い方、時間の使い方、知識や信頼の積み重ねなど、多岐にわたる資源の収支が重要です。高収入でも支出が大きく、バランスが取れない場合、誰でも貧乏になる可能性があります。

  2. ケチの極致も注意

    貧乏を恐れてケチの極致に走る人もいます。しかし、これは実は無駄遣いの一環であり、資源の均衡が崩れ、生活の充実感が損なわれる可能性があります。極端な節約が、本来の目的を逸脱させることもあります。

  3. 資源の均衡が鍵

    貧乏とは、お金、時間、知識、信頼などの資源の収支が崩れた状態を指します。これらのバランスが乱れることで、一方の収支が悪影響を及ぼし、連鎖的に他の資源も減少します。例えば、信頼を節約するために労力をかけないで融資を受けることが、将来の商機を逃す原因になり得ます。

  4. 目的の明確化が重要

    貧乏の罠に陥る原因は、「自分の行動の目的が明確化されていないこと」です。大学に行く、スマートフォンを買うなど、行動の背後にある目的を常に問い直すことが重要です。それによって思い込みに基づく無駄遣いや優先順位の誤りから解放されるでしょう。

  5. 過大な手段に注意

    目的に対して過大な手段を用いることも貧乏の要因となります。自分の目的に合致しているか、現在の手段が適正かどうかを常に点検しましょう。無駄な行動や過剰な支出は、将来の資源不足を招く可能性があります。

結び
ビジネスパーソンが「貧乏の罠」から抜け出すためには、資源の収支を常に意識し、目的に合った行動を取ることが重要です。適切なバランスと優先順位の設定によって、不条理や不合理な状況から解放され、持続可能な成功への道が開かれるでしょう。

「貧乏の罠」脱出のためのポイント

明確な目的の設定と優先順位付け

「貧乏の罠」を脱する最初のステップは、自分の行動に明確な目的を設定し、それを常に意識的に追求することです。大学に行く、新しいスマートフォンを買うなどの行動が、自身のビジョンやライフゴールに合致しているかを確認しましょう。目的が明確であれば、不必要な支出や無駄な行動を避け、資源を効果的に活用できると思います。

適正な手段の選択と過剰な手段の回避

貧乏の罠に陥らないためには、目的に対して適正な手段を選択することが重要です。過大な手段を用いると、資源の無駄遣いや過度なストレスが生じます。目的に対して適切な手段を見極め、無駄なリソース消費を防ぎましょう。例えば、生活に本当に必要なものを見極め、それに見合った節約や投資を行うことが重要ではないかと思います。

長期的な視点での資産形成の意識

「貧乏の罠」を脱するためには、単なる短期的な収支だけでなく、長期的な視点で資産形成を意識することが欠かせません。投資や教育への積極的なアプローチ、持続可能な生活習慣の確立など、将来の自分のために資産を築く意識を持ちましょう。これによって、一時的な快適さよりも持続可能な繁栄を築くことが可能です。

「貧乏の罠」という観点からも資産形成と持続的な成功を考えてみることはとても有効と思います。その先の目的、自分自身の幸せや人生とお金との関係性など視座を上げることも常に意識したいものです。この観点から非常に良い記事と思いました。

 

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフトコーチング
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用

友だち追加

 

運営者情報 プライバシーポリシー