ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

お金持ちになるにはその定義を知らないと絶対になれない

誰もがお金持ちになりたいと思っていると思いますが(自分も含めて)、誰もがお金持ちになれる訳ではないと思っています。お金持ちになる道に関して思うところを書き連ねていきます。

 

お金持ちになるにはその定義を知らないと絶対になれないと思います。ではお金持ちの定義とは何でしょうか。何だと思いますか。

金額で幾らというのが通常の考えだと思いますが、人によって金額は違うのではと思います。1億でも十分お金持ちと思う人もいるでしょうし、10億ないとお金持ちとは言えないという人もいるでしょう。

ところがですが、金額ではない世界があることにあるとき気付きました。それは、お金よりも大事なものがあるかどうかという世界観です。

気付いたのは、誰もが死ぬ直前はお金持ちであると言えるという事です。生きる時間が極端に短い状況ではお金が幾らあっても関係ないと思います。例えAppleのスティーブ・ジョブズであっても、死ぬ直前にはお金には意味がないと思っていたはずな訳で、ジョブズは毎日鏡に向かって「今日もその仕事をやる価値があるのか?げんなりしている顔なら何かが間違っていると思え」と問いかけていた人物です。彼でさえも「仕事をするよりもある程度お金を稼いだら、もっと家族を大事にするとか違うことをやればよかった」と言っているようでした。

人によって異なりますが、自身の人生を幸せに過ごすために必要なお金には上限があると思っています。必要なお金を稼いだら、それ以上お金を稼ぐことに時間を使うよりも他のことに時間を使った方が良いと思っています。

そう考えると、ファイナンシャルデザインとライフデザインがリンクしてきますね。即ち、何をやりたいのかがライフデザインであり、今後の人生で何をしたいのか、それに必要なお金は幾らかを描いたら、その事を成し遂げるために必要な資金をどのように稼ぐ、調達するのかという問題はファイナンシャルデザイン側の話。即ち、単純に言うと労働所得と不労所得の組み合わせでどう稼いでいくかという話です。

ゴール設定をしなければ、いつまでたってもゴールはできません。お金持ちのゴール設定をしなければいつまでたってもお金持ちにはなれないということだと思います。そして、私が考えるお金持ちの定義はズバリ「お金よりも大事な何かを持てた状態」です。この考えに基づけば死ぬ前は誰もがお金持ちなのだと思います。お金持ちかどうかは時間との関数なのだと思うので、いかに自分の人生を幸せにするために必要なお金を稼ぎ切る時期をどうやった早めていけるのかという挑戦が重要になってくると思っています。

さて、皆さんはお金持ちですか。お金よりも大事なものを持っていますか。今そうではなくても、いつかそうなりたいと願っていますか。そして、どのように、いつまでに達成していくのですか。

 

柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
心から願う人生を実現していくライフシフト・コーチング

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー