ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

【キャリアデザイン】早期退職を検討するサラリーマンのための考察と決断の方程式


「あなたは早期退職すべきか否か?元大学教授が導き出した決断の方程式」という記事を読みました。

gendai.media

記事の概要

「仕事一辺倒の人生」から抜け出そう

40~60歳の中高年世代は、プライベートと仕事の両立や役職定年、早期退職などの問題に直面します。現役時代から「仕事一辺倒の人生」を見直し、ワーク・ライフ・バランスを意識しましょう。

役職定年はおかしな仕組み?

役職定年や定年制度は、個人の働き方に制約を与えることがあります。副業を通じて本業の生産性を上げることが、自分の生産性を向上させる方法となります。

早期退職の決断

早期退職を検討する際には、「辞めてしまって、後悔はしないだろうか」と同時に、「辞めないことで、後悔はしないだろうか」ということを検討すべきです。「辞める後悔」と辞めない後悔」を両面から考えることが重要です。

「辞める後悔」と「辞めない後悔」の比較

例えば、「辞める後悔」には以下の要素が含まれます。

  • 定期的な収入がなくなる
  • 勤務先での地位や人間関係がなくなる
  • 勤務先にいるからこそできる仕事ができなくなる
  • やりがいや生きがいがなくなる
  • 定年まで勤めると満額もらえる退職金が減ってしまう

一方、「辞めない後悔」には以下の要素が考えられます。

  • やりたくない仕事をあと何年も続けなくてはならない
  • 職場での面倒な人間関係を耐えなくてはならない
  • 定年後の時間が少なくなる
  • (早期退職の割増退職金がある場合)得られるお金が得られなくなる

これらの要素を書き出し、点数をつけて比較することで、自分にとって適切な決断ができるでしょう。

結論

早期退職を検討するサラリーマンは、自分の経済状況や「辞める後悔」と「辞めない後悔」をしっかりと比較検討し、自分にとって最適な選択をすることが大切です。その上で、仕事とプライベートのバランスを重視し、副業を通じて生産性を向上させることで、より充実した人生を送ることができるでしょう。

ライフデザインの観点から

ライフデザインの観点から早期退職を検討する際には、以下のポイントに注意して自分の人生をデザインしていくことが重要です。

  1. 人生の目標や価値観を明確にする
    早期退職を検討する際、自分の人生の目標や価値観を明確にしましょう。これにより、早期退職が自分の目標や価値観に合致しているかどうかが分かります。例えば、家族との時間を大切にしたい、趣味や自己啓発に時間を充てたいなどの目標や価値観があれば、それに基づいて早期退職を検討することができます。

  2. キャリアプランを再構築する
    早期退職をすることで、今後のキャリアプランが大きく変わることが考えられます。そのため、早期退職後のキャリアプランを再構築し、どのような働き方や生活スタイルを実現したいかを検討しましょう。これには、副業や独立、再就職などの働き方や、家族や友人との関係、趣味や健康などのライフスタイルも含まれます。

  3. 経済的な安定を確保する
    早期退職をすると、収入が減ることが考えられます。そのため、経済的な安定を確保することが重要です。貯金や投資、年金などの資産を適切に管理し、将来的な収入源を検討しておくことが望ましいです。

  4. ソーシャルネットワークの維持・拡大
    仕事を辞めることで、職場での人間関係が失われることがあります。そのため、早期退職後もソーシャルネットワークを維持・拡大することが重要です。趣味やコミュニティ活動を通じて新たな人間関係を築くことで、人生をより豊かにすることができます。

  5. スキルや知識の維持・向上
    早期退職後も、自分のスキルや知識を維持・向上させることが重要です。独学やオンラインコース、セミナーなどを活用して、自分の専門分野や興味のある分野に関する知識を深めることが重要です。また、新たな分野に挑戦し、自己成長を促すこともライフデザインの一環です。

  6. メンタルヘルスのケア
    早期退職後は、仕事によるストレスが減る一方で、社会的な役割が変化し、新たなストレスが生じることがあります。メンタルヘルスのケアを心がけ、適切なストレスマネジメントを行うことが重要です。自分に合ったリラクセーション方法や、適度な運動、十分な睡眠を確保することも大切です。

  7. バランスの良い生活の実現
    早期退職後、働き方や生活スタイルが変わることから、バランスの良い生活を実現することが重要です。家族との時間、趣味や自己啓発、健康や友人との関係など、人生のさまざまな側面を大切にし、充実した毎日を送ることが望ましいです。

  8. 柔軟な思考と行動力
    人生は予測できない出来事が起こることがあります。早期退職後も、柔軟な思考と行動力を持ち、変化に適応していくことが大切です。新しいことに挑戦し、困難な状況に立ち向かうことで、自分の人生をより充実させることができます。

 

早期退職を検討する際、これらのライフデザインの観点から自分の人生をデザインしていくことが重要です。自分にとって最適な決断を行い、充実した人生を送ることができるように、慎重に計画しましょう。

 

柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
心から願う人生を実現していくライフシフト・コーチング

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー