ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

【キャリアデザイン】サラリーマンのための生産性向上の秘訣


「生産性低い企業に共通する無駄な時間の使い方」という記事を読みました。

toyokeizai.net

記事の概要

皆さんは仕事の生産性が低いと感じたことはありませんか?今回は、生産性が低い企業に共通するムダな時間の使い方と、それを改善する方法をご紹介します。

研究によると、生産性を向上させる4つの要素があります。それは、「活力」「集中」「連携」「協力」です。これらの要素を意識して働くことで、生産性を上げることができます。

  1. 活力
    エネルギーが不足すると、集中力が途切れやすくなり、生産性が低下します。活力を維持するために、適度な休憩を取り入れましょう。
  2. 集中
    集中力が必要な業務では、複数の課題に同時に取り組まず、一つずつ集中して進めることが大切です。
  3. 連携
    他の人たちとの連携を通じて、課題を成し遂げられることが多いです。連携のために、コミュニケーションを大切にしましょう。
  4. 協力
    新しいアイデアや問題解決策を考案する際には、チームで協力し合うことが重要です。異なる視点と知識が組み合わさることで、創造的なアイデアが生まれます。

また、働く場所と働く時間によっても、生産性が変わってきます。働く場所に関しては、「集合型(オフィス勤務)」と「分散型(在宅勤務)」があります。働く時間に関しては、「同時型(同じ時間に働く)」と「非同時型(バラバラの時間に働く)」があります。

企業によって最適な働き方は異なりますが、自社の職種や社内の人的ネットワークを考慮して、働く場所・時間を選択することが重要です。例えば、オフィスで働くことで連携がしやすくなる場合もあれば、在宅勤務で活力を高めることができる場合もあります。

 

  • 働く場所の選択: 集合型と分散型
    従業員がオフィスで働く集合型と、在宅勤務などで働く分散型の働き方があります。オフィスで働くことにより協力が生まれやすく、イノベーションを促す効果が期待できますが、在宅勤務では従業員の活力を向上させる可能性があります。企業は、どちらの働き方が自社に適しているかを検討する必要があります。

  • 働く時間の選択: 同時型と非同時型
    同時に働く同時型では、連携がしやすくなりますが、集中力を維持するために意識的にスケジュールを決める必要があります。一方、非同時型では、個々の従業員が集中して生産的な仕事を行うために、まとまった時間を確保する仕事のデザインが重要です。テクノロジーを活用すれば、リモートで働くことも可能になります。

新型コロナウイルスの影響を受けて、働く場所と時間について柔軟性が求められるようになりました。企業は、自社にどの程度の柔軟性を認めるべきか、そしてどのような働き方が生産性向上に繋がるのかを検討する必要があります。

まとめ

生産性向上のためには、「活力」「集中」「連携」「協力」という4つの要素に着目した働き方の改善が必要です。働く場所と時間について、企業が適切な選択をすることで、生産性を高めることが可能です。しかし、働き方の改善にはトレードオフが存在するため、慎重な検討が求められます。企業は、自社に適した働き方を見つけることで、国競争力を向上させることができるのではないかと思います。

キャリアデザインの観点から

キャリアデザインの観点から、生産性向上に関連する取り組みを考慮することで、個々の社員が自己実現し、長期的な成長を達成することができます。以下の点に注意して、キャリアデザインを進めるのが良いと思います。

  1. 自己理解と目標設定
    自分自身の強み、弱み、価値観を理解し、それに基づいて目標を設定しましょう。目標は、自分が達成したいと考えるスキルや業務成果を明確にし、それを達成するために必要なステップを立てることです。
  2. スキルアップと資格取得
    自分のキャリアに必要なスキルや知識を習得し、資格取得にも積極的に取り組みましょう。これにより、専門性を高め、生産性向上に貢献できます。
  3. メンター・ロールモデルの活用
    自分が目指すキャリアに関連する先輩や同僚をメンターやロールモデルとして活用し、彼らの経験や知識を学びましょう。これにより、自分の成長を加速させることができます。
  4. ネットワーキング
    業界内外の人脈を築き、情報交換や協力関係を構築しましょう。ネットワーキングを通じて、新しい知識やスキルを得ることができ、自分のキャリアを拡大する機会を増やすことができます。
  5. 柔軟な働き方の導入
    柔軟な働き方を導入し、自分に合った働き方を見つけて生産性向上に努めましょう。例えば、リモートワークやフレックスタイム制度を活用して、効率的な時間管理を行うことができます。

 

柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
心から願う人生を実現していくライフシフト・コーチング

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー