ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

【ファイナンシャルデザイン】20代の若者が早めに「お金持ち」になる4つの方法

「20代の若者が早めに「お金持ち」になる4つの方法」という記事を読みました。

toyokeizai.net

【概要】

本記事では、20代の若者が早めに財産を築き、経済的な自由を手に入れるための4つの方法について紹介します。一部の投資家たちが注目する「FIRE(早期退職と財政的独立)」についても考察しますが、この目標を達成するためにはインデックスファンド投資だけでは効率が悪いと指摘されています。

【本文】

最近、「FIREを目指す」という一部の投資家たちの考え方に疑問を持つことがあります。インデックスファンドに投資することは資金の有効な利用方法として大いに推奨されますが、FIREを目指すためには効率的ではない場合があります。

もちろん、FIREの目標次第では異なるかもしれませんが、例えば50代でFIREを達成したとしても、それはすでに「アーリー」ではなく、そのために不自由な働き方を続けなければなりません。したがって、本来のFIREの趣旨である「お金に縛られない人生」を実現するとは言い難いでしょう。

私は先日、息子が大学に入学したことを祝い、育児方針や今後への期待などを書いた手紙を書きました。その中で、「株式とうまくつきあうことが有利に稼ぐコツだ」という話を綴りました。この手紙を投稿したところ、読者からもっと具体的なアドバイスを求める声が多く寄せられました。

特に、「起業」や「ベンチャーへの参加」といった部分について詳しく説明する必要があるようです。そこで、安全にレバレッジを活用するための4つの機会を以下に示します。

  1. 自分で起業する:起業に関与することは容易になってきましたが、個人の性格や資質によって適しているかどうかは異なります。起業にはリスクが伴いますが、知り合いの起業家に頼み込めれば、メンバーとして参加することで株式の権利を持つことができるため、有望な選択肢です。私は息子に「頭のいい人や面白い人と関わりなさい。自身がその分野の天才でなくても、天才たちはあなたと仲良くしてくれるだろうし、あなたの役割は見つかるはずです」と伝えました。メンバーとして参加することで株式の権利を持つことができるため、有望な選択肢です。私は息子に「頭のいい人や面白い人と関わりなさい。自身がその分野の天才でなくても、天才たちはあなたと仲良くしてくれるだろうし、あなたの役割は見つかるはずです」と伝えました。
  2. 起業に早い段階で参加する:一定の成熟度を持った企業でも、自社の株式やストックオプションで報酬を受け取ることがあります。特に外資系企業ではよく見られます。これにより、成功報酬型の仕組みを手に入れ、リスクを共有することで大きな報酬を得るチャンスが生まれます。

  3. 自社株やストックオプションで報酬を受け取る会社で働く:給与やボーナスの一部を自社株やストックオプションで支払ってくれる会社に就職することは有利です。特に外資系企業ではこの制度が多く見られます。この場合、株式の価値が成長すれば報酬も同様に増加するため、大きな利益を得ることができます。

  4. 起業の初期段階で出資する:自分自身が直接関与しなくても、起業の初期段階で出資することも選択肢の一つです。アドバイザーとして関わる場合もあります。適切な出資の機会を見つけることで、成功した企業の成長に参加し、報酬を得ることができます。

これらの方法を試す際に重要なのは、自己破産などのリスクを背負うことなく、何度もトライすることです。失敗しても次のチャンスがありますし、成功すれば大きな報酬を手にすることができます。

これらの方法は、不動産投資のような高リスクなレバレッジよりも安全かつ効果的です。若者が金融資産だけにリスクを取るのではなく、自身の能力や人的資本を活かして「株式性の報酬」に近づくことが重要です。

最後に、失敗しても借金が残らない形で、何度もトライすることが大切です。目的に合った方法を選び、効率的かつ安全に資産を築き上げることを目指しましょう。

 

柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
心から願う人生を実現していくライフシフト・コーチング

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー