ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

過去の「優雅な年金暮らし」から現代の「定年後フリーランス」へ

50代社員のセカンドキャリアに関する記事を読みました。
 

toyokeizai.net

記事の概要

高齢サラリーマンに対する会社の処遇が悪化する中、優雅な年金暮らしはもはや過去の話となっています。定年を迎えた後も働くことが求められる現代社会では、「定年後フリーランス」が新たな選択肢として注目されています。

現代の厳しい現実とは、少子高齢化が進み財政が厳しい国の社会保障制度や収益力が低下して高齢者の面倒を見られない企業、そして寿命が伸びて定年後も長く生きる個人の三つの要素が重なり合います。これらを考慮すると、「定年まで同じ会社で働いて、その後は年金生活」の常識は崩壊寸前です。

そこで、「定年後フリーランス」という働き方が提案されます。これは、高齢者が働きたくても働けない状況に陥ることを防ぐための選択肢であり、自分で働く力を持つことが重要です。フリーランスは小さな商売人であり、自分のノウハウやサービスを売る令和の商売人です。

過去50年間で商売人が減りサラリーマンが増えた背景には、安定した収入や保障があったからです。しかし、今はサラリーマンの老後に不安が増え、定年後も働ける小さな商売人を目指すことが意義深い選択となっています。

定年後フリーランスとして働くためには以下のポイントが重要です。

  • 自分の得意分野やスキルを見つけ、磨くこと。
  • 年金や貯金に頼らず、自分で収入を得る能力を身につけること。
  • 人間関係を大切にし、仕事を通じて新しい仲間や交流の場を作ること。

令和フリーランスになることは容易ではありませんが、自分の得意分野やスキルを見つけ、それを活かす働き方を模索することで、楽しく充実した老後を過ごすことができます。定年後「働こうと思えばける」自分になるべく努力することで、経済的にも精神的にも余裕が生まれるはずです。

さらに、フリーランスになることで、柔軟な働き方が可能になります。自分のペースで働けるため、健康管理や家族との時間を大切にすることができます。また、新たな分野に挑戦したり、自分の価値観やライフスタイルに合った働き方を追求できるため、人生の質を向上させることができます。

 

しかし、フリーランスとして成功するためには、自己管理能力やマーケティングスキルも必要です。自分のスキルを市場価値に変えることが求められるため、自分の強みや弱みを理解し、適切な戦略を立てることが大切です。

また、定年後フリーランスを目指す場合、定年前から準備を始めることが重要です。副業や趣味を通じて、自分のスキルを磨いたり、新たな分野に挑戦することで、スムーズにフリーランスとしてのキャリアをスタートさせることができます。

 

定年後フリーランスになることで、自分の人生をより自由にデザインできるようになります。雇用されることに頼らず、自分で働く力を持つことで、不安の少ない、充実した老後を迎えることができるでしょう。これからの高齢者にとって、定年後フリーランスは新たな働き方の選択肢として大きな可能性を秘めています。

ファイナンシャルデザインの観点から

定年後フリーランスを考慮する際、ファイナンシャルデザインの観点からも重要なポイントがいくつかあります。以下にそのポイントを追記します。

  1. 早期に資産形成を開始する
    定年後フリーランスになることを考えると、早期から資産形成に取り組むことが重要です。定期預金や投資信託、株式投資など、自分に合った方法で資産を増やすことが求められます。資産形成によって、フリーランスになる際の経済的なリスクを軽減できるでしょう。

  2. 保険の見直し
    フリーランスになると、会社員時代とは異なるリスクが発生します。例えば、病気や怪我による収入の減少や、自営業者特有の事業リスクなどです。これらのリスクに備えるため、保険の見直しを検討してください。所得保障保険や個人年金保険など、フリーランスに適した保険商品を選ぶことが重要です。

  3. 税務対策と節税
    フリーランスになると、税務対策が必要になります。所得税や消費税、法人税など、適切な税金の計算と支払いを行うことが求められます。また、節税のために個人事業主や法人設立を検討することも検討してください。税務に関する知識を身に付けるか、専門家に相談することが重要です。

  4. 退職金の活用
    定年退職時に受け取る退職金は、フリーランスへの転身において大きな資金源となります。退職金を適切に活用することで、フリーランスとしての新たなビジネスの立ち上げ資金や、生活費の補填に役立てることができます。退職金の運用方法を事前に検討し、最適なプランを立てましょう。

  5. 独立前の準備として副業を開始する
    定年後にフリーランスとして働く準備の一環として、現役時代から副業を開始することを検討しましょう。副業を通じて、フリーランスとしてのスキルやネットワークを築くことができます。また、副業で得た収入は資産形成や保険料の支払いに充てることができ、経済的な安定をさらに強化することができます。

  6. 将来のライフプランを明確にする
    定年後フリーランスを目指す場合、将来のライフプランを明確にすることが重要です。家族と話し合い、将来の夢や目標を共有しましょう。また、ライフプランに基づいて、必要な資金や収入源を計画的に確保することが求められます。ライフプランを明確にすることで、ファイナンシャルデザインがより効果的に機能するでしょう。

  7. 貯金と投資のバランスを見直す
    定年後フリーランスを目指す場合、貯金と投資のバランスを見直すことが重要です。リスクを適切にコントロールしながら、資産運用の効率を高めることが求められます。リスク許容度や資産の目的に応じて、貯金と投資のバランスを最適化しましょう。

 

これらのファイナンシャルデザインの観点を取り入れることで、定年後のフリーランス生活をより安定的かつ充実させることが可能です。自分に合った方法で、早期から準備を始めて、定年後の人生を楽しみましょう。

 

柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
心から願う人生を実現していくライフシフト・コーチング

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー