ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

【キャリアデザイン】40代、50代の転職を考えるときの留意点


「40代、50代の転職における致命的な欠陥」という記事を読みました。diamond.jp

記事の概要

現在の仕事が将来にわたって安定しているか不安に感じる40代、50代のサラリーマンが増えています。年金受給年齢の引き上げや非正規雇用の増加など、現実的な問題が迫っているためです。そこで、稼ぎ口を2つ持つことが大切であると言われています。本記事では、転職する際に注意すべき点を紹介します。

一度目の選択は社会人になるとき、二度目は結婚するとき、そして三度目が50代での転職チャレンジです。50代での転職は、将来を見据えた大切な選択であり、この選択によって後半の人生が大きく変わります。

「勤め先一筋」の生き方は今後ますます危なくなります。定年後は非正規雇用となり、収入が減少し、さらに65歳から75歳までの空白期間を自己責任で穴埋めしなければならない状況に迫られます。そのため、転職チャレンジや独立起業が注目されています。

転職チャレンジは、元気なうちに新たな職場を探すことで、第一線で活躍できる可能性があります。しかし、年齢制限があるため、年齢が高くなるにつれて転職先が限られてくるという問題があります。

一方、独立起業は、年齢に制限がなく、自分の好きなことを好きなだけやれる自由な働き方ができます。ただし、起業するには資金やノウハウ、人脈などが必要であり、リスクも伴います。

転職チャレンジと独立起業、どちらを選ぶにしても、事前に自己分析や将来のビジョンを立てておくことが重要です。また、周囲の意見に流されるのではなく、自分自身が本当にやりたいことを見つけることが大切です。

最後に、100歳になったつもりで人生を振り返り、自分がやりたいことや振り返りたい人生を考えることをお勧めします。

キャリアデザインの観点から

この記事は、40代や50代の方々が自分のキャリアを見直す上で非常に役立つ情報が含まれています。キャリアデザインの観点から見ると、自分の将来に対する不安や危機感を持っている人々にとって、自分のキャリアを再評価することは非常に重要です。

この記事では、自分のキャリアを再評価するうえで、副業、起業、転職の選択肢について詳しく説明しています。また、将来の不安を解消するために、自分の「稼ぎ口」を2つにすることを提案しています。

さらに、記事では、サラリーマンとして働いている人々にとっては、50代が人生の分岐点であり、勤め先一筋の生き方にはリスクがあることを説明しています。転職や独立起業の選択肢についても触れられており、自分のキャリアを再評価するためのヒントを提供しています。

このように、自分のキャリアを再評価することは、将来の不安を解消するために必要なステップの一つです。この記事に記載されている選択肢を検討し、自分に最適なキャリアパスを見つけることで、自分の将来を安心して過ごすことができます。

 

柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
心から願う人生を実現していくライフシフト・コーチング

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー