ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

富裕層が教える「早めの失敗」の意外な理由とその活かし方

富裕層に関する意外な思考として早めの失敗を歓迎しているという記事を読みました。

gendai.media

 

この記事の概要

サラリーマンの皆様、自分の人生や投資に対して失敗を恐れていませんか?実は、富裕層の方々は失敗を恐れず、むしろ早めの失敗を歓迎しています。それには、ある意外な理由があるのです。今回は、ファイナンシャルプランナーの立川健悟氏から学んだ、富裕層の考え方とその活かし方についてお伝えします。

富裕層の方々は、一見成功を続けているように見えますが、実際には数多くの失敗を経験しています。しかし、彼らは失敗を悲観せず、早い段階で失敗することが良いと考えています。なぜなら、早い段階で失敗することで、その影響が少なく、挽回する期間が長くなるからです。

例えば、投資で失敗して運用資産の50%を失うとしましょう。運用資産が1億円のタイミングで失敗すれば、損失は5,000万円ですが、運用資産が10億円になった後で失敗すると、5億円の損失が発生します。この例からも、早期に失敗した方が影響が少ないことがわかります。

富裕層は、定年前から少額の投資を行い、小さな失敗から学びを得ることで、退職金を運用する際に役立てています。また、年齢を重ねると失敗で失うものが増え、成功で得られるものが減ると考えるため、早めの失敗を受け入れているのです。

やりたいことを先延ばしにしないのも富裕層の特徴です。年齢を重ねるごとに投資効率が悪くなるため、迷惑をかけない範囲でやりたいことに挑戦することが重要です。最も若い「今」こそ、投資効率が良く、失敗しても挽回する期間が長いからです。

効果的に失敗を経験する方法として、自分の興味のある分野に関するセミナーやスクールに参加し、新しいことに挑戦することが挙げられます。最初はうまくいかないこともあるでしょうが、早めに失敗して学ぶことで、その後の人生に活かすことができます。

アメリカの有名な私立大学では、高額な学費にもかかわらず、生徒たちは教育ローンを組んで通学しています。彼らは若い時代に効果的な失敗を重ね、スキルを高めることで社会に出る準備を整えることを重視しているからです。

富裕層が失敗を歓迎する理由は、早く失敗することがローリスク・ハイリターンな経験になると理解しているからです。挑戦したいことがあるなら、準備を整えて早く取り組みましょう。失敗しても、将来を良くするための経験が得られると考えることが大切です。

この記事からの学び

これらの富裕層の考え方をサラリーマンの皆様にも活かしていただくことで、自分の人生や投資に対する恐れを克服し、成長を促すことができるでしょう。積極的に失敗を糧にして、理想の未来を実現することを心から祈っています。

まとめると、富裕層が教える「早めの失敗」の意外な理由とその活かし方は次のようになります。

  • 早めに失敗することで、その影響が少なく、挽回する期間が長くなる。
  • 定年前から少額の投資を行い、小さな失敗から学びを得ることが重要。
  • 年齢を重ねるごとに投資効率が悪くなるため、迷惑をかけない範囲でやりたいことに挑戦することが重要。
  • 効果的な失敗を経験する方法として、興味のある分野に関するセミナーやスクールに参加し、新しいことに挑戦することが推奨されます。
  • 若い時代に効果的な失敗を重ね、スキルを高めることで社会に出る準備を整えることが大切です。

これらのポイントを参考に、サラリーマンの皆様も自分の人生や投資において、積極的にチャレンジしましょう。失敗は避けられないものですが、早期に失敗を経験し、その教訓を活かすことで、成功への道を切り開くことができるでしょう。挑戦したいことがあるなら、迷わず取り組んで、将来を良くするための経験を積み重ねてください。富裕層のマインドセットを学び、積極的な失敗を糧に、理想の未来を実現しましょう。

 

柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
心から願う人生を実現していくライフシフト・コーチング

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー