ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

プロの仕事術:つんく♂から学ぶ、仕事を最高の成果に導く4つのステップ

つんく♂さんの「平均92点の仕事をするコツが4つある」という記事を拝読しました。

toyokeizai.net

記事の概要

1.つんく♂の視点で見る、仕事の本質

日本のエンターテインメント業界において、数多くのヒット曲とアーティストを生み出してきたつんく♂氏。彼が語る「プロの仕事術」は、天才ではなく凡人であっても、最高の成果を出すための智恵に溢れています。つんく♂流の仕事進め方は、どんなビジネスパーソンにとっても魅力的なヒントとなり得ます。


2.「ひらめき」を待つのではなく、「つくり出す」

つんく♂氏は「ひらめき」を待つのではなく、積極的に「つくり出す」ことで曲を生み出してきました。彼のアプローチは、仕事においても通用するところがあります。天才でなくとも、努力と実践によって、平均92点以上の仕事を続けられる方法とは?


3.「正解のない世界」でのプロの姿勢

仕事には「正解のない世界」という不確実性がつきものです。つんく♂は、それを乗り越えるために、どのような方法を取っているのでしょうか?目指すべき方向を見失わず、プロとしての自覚を持つことで、仕事の迷いを解消する方法とは?


4.「箸を置く」ことの重要性

つんく♂が強調するのは、「いったん完成させる」という作業の重要性です。プロジェクトや仕事を完了させ、一度距離を置くことで、客観的な視点から改善点を見つけることができるのです。このステップを踏むことで、仕事は熟成され、最高の形に近づきます。


5.結論:つんく♂流の仕事哲学を活かす

つんく♂の仕事哲学は、単なるエンターテイメント業界にとどまらず、あらゆる職種やビジネスに適用可能です。「ひらめき」を待つのではなく、「つくり出す」姿勢、不確実性を受け入れつつもプロとしての自覚を持つ姿勢、そして「箸を置く」ことの大切さ。これらのステップを活かすことで、あなたの仕事はこれまで以上に向上し、最高の成果をもたらすのではないかと思います。参考にしてみてください。

 

キャリアデザインの観点から

キャリアデザインの観点から重要なポイントを追記してみたいと思います。

1. 自己確認と自己認識の重要性

つんく♂は自身を「凡人」と認識しながらも、その中で才能を見つけ、伸ばしてきました。キャリアデザインにおいても、自己確認と自己認識は不可欠です。自身の強みや弱みを正しく把握し、それを活かす職種やプロジェクトを選択することで、充実したキャリアを築くことが可能です。

2. 継続的なスキルの向上と挑戦

つんく♂は常に分析と実践を繰り返し、プロとしてのスキルを高め続けました。キャリアデザインにおいても、スキルの向上と新しい挑戦は欠かせません。業界のトレンドや新しい技術に対して敏感であり、自身のスキルを常に更新することで、変化する職場環境に適応し続けられます。

3. 失敗と反省を経ての成長

つんく♂は完成させるまでの過程で迷いや失敗を経験しましたが、それらを乗り越えて成長しました。キャリアデザインにおいても失敗は避けられませんが、それをチャンスと捉え、反省と学びのプロセスとして捉えることが重要です。失敗から得られる教訓を次のキャリアステップに生かし、より良い結果を求め続けましょう。

 

心から願う人生を実現していくライフシフト・コーチング
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー