ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

【ライフデザイン】幸福と成功を物語の観点から考えるという事

「幸福とは、自分の人生を「よい物語」として(自分や他人に)語れること。不幸とは、人生という「物語」が破綻してしまったこと。」という記事を読みました。

diamond.jp

記事の概要

人生とは、私たちが「物語」として理解しているものです。脳は、if-thenのプログラムで、過去、現在、未来のシミュレーションを繰り返し行い、自分自身を主人公とした物語を作り上げます。この「物語」が私たちの人生を支配し、それを「よい物語」として語ることができるかどうかが、幸福や不幸、成功や失敗を分ける要因になります。

成功とは、よい物語をつくれるような人生を設計することです。これを実現するためには、自分自身を主人公とした物語を描き、それを実現するための努力を続けることが必要です。

また、人生はロールプレイング・ゲームに似ています。ゲームの楽しさは、低いステイタスを努力や工夫によってすこしずつ上げていく経験であり、うまくいったと思ったら大きな失敗があり、それを乗り越えるとより大きな成功が手に入るというドキドキ感にあるのと同様に、人生も努力や工夫によって自分の物語を作り上げ、失敗や逆境を乗り越えることでより大きな成功を手に入れることができます。

ただし、成功には合理的な人生設計が必要です。自由に生きるためには、人生の土台を合理的に設計し、自分自身が描いた物語を実現するためのスキルや知識を身につけることが重要です。

このように、人生は私たちが描く物語によって形作られます。幸福や成功を実現するためには、自分自身を主人公としたよい物語を描き、それを実現するための合理的な人生設計を行い、努力や工夫を続けることが必要です。

また、成功には物語に欠かせない要素である「波乱万丈」が必要とされます。成功するためには、失敗や逆境を乗り越え、その経験を生かして自分自身を成長させることが大切です。このような経験を積むことで、自分自身を主人公とした物語がより深みを増し、人生を豊かにすることができます。

さらに、成功の定義は人それぞれであり、他人と比較することはあまり意味がありません。自分自身が描いた物語を実現することができたら、それが成功であり、幸福であると言えるでしょう。

最後に、合理的な人生設計を行い、自分自身を主人公としたよい物語を描き、努力や工夫を続けて、成功や幸福を実現することが重要であることを再度強調したいと思います。自分自身の人生に主導権を握り、自分自身の物語を描くことで、より充実した人生を送ることができます。

ライフデザインの観点からの考察

人生において、幸福と成功を実現するためには、自分自身の人生設計を行うことが大切です。このことをライフデザインと呼ばれる考え方があります。

ライフデザインとは、自分自身の人生を主体的にデザインすることで、人生を充実させる方法を研究する学問です。この考え方は、人生を「自己啓発」や「自己実現」といった概念から脱却し、自分自身が自分自身の人生を主導することができるという前提に立っています。

幸福や成功を実現するためには、まずは自分自身の価値観を明確にすることが必要です。自分自身が何を望み、何が重要であるかを理解し、それに基づいて人生設計を行うことができれば、より充実した人生を送ることができます。

また、ライフデザインでは、自分自身の強みやスキルを理解することも重要です。自分自身が持つ強みやスキルを活かし、自分自身の物語を実現するために必要なスキルや知識を身につけることが成功や幸福を実現するために不可欠です。

さらに、ライフデザインでは、失敗や逆境を乗り越えることも重要です。人生において、失敗や逆境がないということはあり得ません。しかし、そのような状況から立ち上がり、自分自身を成長させることができれば、より充実した人生を送ることができます。

ライフデザインを実践することで、自分自身が自分自身の人生を主導し、より充実した人生を送ることができます。成功や幸福を実現するためには、自分自身の人生設計を行い、自分自身の強みやスキルを理解し、失敗や逆境から立ち上がることが不可欠です。自分自身の人生に主導権を握り、ライフデザインを実践することで、より充実した人生を送ることができるでしょう。

 

柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
心から願う人生を実現していくライフシフト・コーチング

友だち追加

 

運営者情報 プライバシーポリシー