ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

【ライフデザイン】豊かな40代を過ごすために考えておくべきポイントとは


「40才以降を豊かに過ごしたい人が、40才までに考えておくべきこと」という記事を読みました。

diamond.jp

記事の概要

本記事は、孔子が「四十にして惑わず」と述べたように、40才は人生の転機となると言われています。安達裕哉氏は、「多くの人が40才で人生の転機を迎える」と語り、40才が「ようやく自分のことがわかる年」だと指摘しています。この記事では、40才までに考えておくべき8つの重要なポイントを紹介します。これらのポイントを把握し、40才以降を豊かに生きるための参考にしてください。

  1. 40才は「会社の中で出世ができるかどうか」がわかる
    40才になると、会社内での評価はほぼ固まります。この時期に高評価を受けていなければ、部長や役員になる見込みは低いでしょう。そのため、ヒラ社員や課長に徹するか、一念発起して独立するか、新しいチャンスを見つけるかを決める必要があります。

  2. 40才は「自分の苦手なことと得意なこと」がわかる
    40才になると、自分の得意なことと苦手なことが明確になっています。不得手なことに時間を費やすよりも、得意なことを伸ばすことに注力しましょう。また、不得手なことは他の人と協力することで補完することも重要です。

  3. 40才は「肩書ではなく何をやったかだ」と知る
    40才になると、肩書や所属する会社名などはあまり重要ではありません。重要なのは、自分が何を成し遂げたかです。他人に与えられた仕事だけでなく、自分自身が世に聞こえるような仕事や作品を残すことが求められます。

  4. 40才は、どんな人であっても「上には上がいる」と感じる
    40才になると、一流の人と触れ合う機会が増えます。同年代にも優れた人材が出てくるでしょう。自分自身と他人を比較することは避けつつも、自身の成長を促すために「上には上がいる」という謙虚さを持つことが重要です。謙虚さを持ちながら努力し、成長し続けることが必要です。

  5. 40才は「このまま逃げ切ろうとする人」と「本当のチャレンジをしようとする人」に分かれる

    40才になると、周囲の評価が一定程度固まってくるため、「このまま逃げ切ろう」とする人と「もっと上を目指そう」とする人に分かれます。前者は過去の努力を踏まえて安定を求める傾向がありますが、後者はさらなる成長を目指し、新たな挑戦に取り組む意欲を持ちます。どちらを選んでも構いませんが、自身の意思を持って決断することが重要です。

  6. 40才は「結局、家族や友人が最も大事だ」と気づく
    20代から働き始めて多くの人と出会いましたが、40才になるとその中で関係が続くのはごく一部です。結局、家族や本当の友人が人生の晩年を共に過ごす最も大切な存在となることに気づくでしょう。彼らを大切にし、疎かにしないようにしましょう。

  7. 40才で、努力の意味をようやく知る
    若い頃は努力しても報われないと感じることがありますが、40才になると努力の意味を理解するようになります。努力は他人から言われるものではなく、自身が望む目標に向かって行動することであり、充実感を得られるものです。

  8. 40才で、真の感謝を知る
    口先だけでなく、心から感謝することの意味を40才になってより深く理解します。自身の成功や成果に対してだけでなく、他人の努力や運命に感謝の気持ちを抱くようになります。感謝の気持ちを持つことで、自身の人間性や成長に繋がるでしょう。


以上が、40才までに考えておくべき重要なポイントです。これらのポイントを意識し、自身の人生を豊かに生きるための指針として活用してください。40才は自己理解と人生の転機として重要な年齢です。自身の得意なことや目標、家族や友人との関係、努力と感謝の意味について考え、自身の人生を豊かに過ごすための基盤を築くことが大切です。

ライフデザインの観点から

以下に、特に重要な3つのポイントを詳しく追記します。

  1. 自己のビジョンと人生の目標を明確にする:
    40才までに、自身のビジョンや人生の目標を明確にすることは重要です。自分が本当に望む人生とは何かを深く考え、それを実現するための具体的な目標を立てましょう。ビジョンと目標が明確であれば、自身の人生をデザインする上での指針となり、やるべきことや方向性を見極めることができます。

  2. ワーク・ライフ・バランスの確立:
    40才までに、ワーク・ライフ・バランスを意識的に確立することは重要です。仕事だけでなく、家族や趣味、自己のケアなど、人生の多様な領域をバランスよく大切にすることが必要です。時間やエネルギーを適切に配分し、仕事とプライベートの充実を両立させることで、幸福感と満足度の高い人生を送ることができます。

  3. 心の豊かさと生きがいの追求:
    40才以降の人生を豊かに過ごすためには、心の豊かさと生きがいの追求が欠かせません。自分自身の価値観や情熱に基づいて、意義のある活動や趣味、社会貢献などに積極的に取り組むことで、充実感や喜びを感じることができます。自己の成長と自己表現を大切にし、自身の人生を豊かなものにするための活動を積極的に追求しましょう。

これらの3つのポイントを重視し、自己のビジョンや目標に向かって進むための戦略や計画を立てることが、40才以降を豊かに過ごすための基盤となります。自己の成長、ワーク・ライフ・バランス、心の豊かさにフォーカスし、人生をデザインしていくことで、より充実した人生を築くことができるでしょう。

 

柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
心から願う人生を実現していくライフシフト・コーチング

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー