ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

NISA初心者のための日本株高騰時の心構えと成功の秘訣


日本の株価が約30年前を超えて3万5000円台に乗り高騰している一方、新NISAが新年から開始となりましたが、これに関する以下記事を拝読しました。

www.nikkei.com

記事の概要

最近、多くのビジネスパーソンが新NISA(少額投資非課税制度)に参加し、日本株市場の急騰に戸惑う声が増えています。この記事では、NISA初心者向けに、株高騰時の心構えと成功の秘訣について考察します。20年、30年の長期計画での積み立てに焦点を当て、初心者が冷静な投資心理を身につけるためのアドバイスを提供します。

  1. バブル後の高値圏での積み立てへの疑問: 株価が新高値を記録している中でのNISA積み立てに戸惑う声があります。しかし、長期計画であるNISAは短期の市場変動に左右されず、冷静な判断が求められます。リスク耐性を高め、短期の乱高下に振り回されない心構えを持つことが重要です。
  2. 日本人のリスク耐性の特徴: 日本人のリスク耐性は他国と比べて低い傾向があります。記事では、同僚たちの中での株の動きに対する心理的反応に触れ、冷静な投資心理の重要性を強調します。短期の損失にこだわらず、長期の視点を持つことが成功の鍵とされています。
  3. 新NISA計画の続行とリスクへの対応: 記事では、「新NISA計画を延期」と考える心情に対して、冷静な判断を促す視点を提案します。初期の段階での損失は心理的に消化可能な範囲であり、投資経験を積む上での「かけ湯」として捉えることが重要です。
  4. 投資経験の重要性: 筆者が語るように、投資経験が少ない人たちにとって、急騰する株価に対処することは難しい一歩です。しかし、これを経験として受け入れ、少額から始める積み立て投資を通じて徐々にリスク耐性を高めていくことが成功への近道です。
  5. 金の世界からの教訓: 筆者が紹介するように、金の投資経験から得られる教訓があります。純金積み立て型の商品が成功を収めている中で、今利益確定の解約や新規参加に悩む姿勢が投資において一般的であることを示唆しています。
  6. 新NISAの未来とリスクへの向き合い方: 記事は最後に、将来の株価変動に備え、知識とともに「胆力」を養うことの重要性を強調します。リスクに対する冷静な対応が、NISA投資の成功への道を切り拓くと締めくくります。

結論: NISA初心者が日本株の急騰に戸惑う中、冷静な心構えと積み立ての計画性が成功への鍵となります。リスクに対する耐性を高め、投資経験を通じて成長することで、将来への期待を持ちつつ、成功を手にすることが可能です。

 

ファイナンシャルデザインの観点から

投資に取り組む際には、株価は絶対に上下するものなので、株価が下がった際の心構えが重要となります。心構えといっても具体的にはどのように取り組めば良いかが分かりにくい為、以下に追記します。

  1. 冷静な目標設定: 感情の管理は冷静な目標設定から始まります。投資目標やリタイアメント計画を明確にし、それを実現するためのステップを具体的に定めましょう。目標がはっきりしていれば、市場の短期の変動に振り回されにくくなります。
  2. 定期的な情報収集と分析: 感情の管理には、冷静な情報収集と分析が不可欠です。市場の変動や投資に関する最新の情報を把握し、冷静な判断材料を持つことで、感情に左右されずに投資判断ができます。
  3. リスク許容度の確認: 自身のリスク許容度を確認し、どれだけのリスクを取ることができるかを理解することが大切です。リスクに対する適切な理解があれば、大きな損失に直面した際にも冷静な対応が可能となります。

人によって目標やリスク許容度は異なりますので、個々人の事情に沿った計画及びそれを支える情報収集が鍵になると思っています。

 

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフトコーチング
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー