ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

【これからの働き方】助け合いの時代が始まる!- サラリーマンが幸せに働く秘訣


この激変する世の中で消耗せずに幸せに働く方法に関する記事を読みました。

diamond.jp

記事の概要

この記事では、激しい競争の中で疲弊するサラリーマンたちが幸せに働くための方法を紹介します。エンタメ系雑誌で編集・ライターをしている高橋尚子さんが、『パートナーシップーマイクロソフトを復活させたマネジメントの4原則』の著者であるイ・ソヨン氏の考え方を参考に、仕事への情熱を取り戻す方法をレポートします。

まず、現代の競争社会では、成功するためには個々の力ではなく、チームで助け合うことが重要だという考え方を理解しましょう。これは、マイクロソフトのアジアリージョンマネージャーであるイ・ソヨン氏が、自身の経験から語る「競争より助け合い」の考え方です。彼女は、助け合いの精神を持つことで、仕事の本質的価値(ライフワーク)を見つけ、自分の価値観を確立することができると説いています。この考え方は、働く人々だけでなく、親子や夫婦関係にも応用できます。

高橋尚子さんは、この「競争より助け合い」という考え方を自身の仕事に取り入れることで、仕事への情熱を取り戻しました。彼女が身を置くエンタメ業界でも、常に競争に巻き込まれていますが、ライフワークが明確になることで、競争に囚われることなく、自分の価値観を大切にすることができるようになりました。

また、助け合いの精神を持つことで、自分だけでなく周囲の人々も幸せにすることができます。イ・ソヨン氏の経験を通じて、成功するパートナーシップは、「自分が貢献できる部分を積極的に探し、提供する」ことから始まるとされています。

 

「競争ではなく助け合い」の考え方は、仕事だけでなく人間関係全般にも適用できます。例えば、上司や部下、ライバル企業との関係でも、互いの能力や価値を提供し合い、ともに成長していくことが可能です。

高橋尚子さんは、動画配信プラットフォームであるYouTubeを情報発信の場として活用することで、雑誌の読者との相乗効果を実感しました。これもまさに「競争ではなく助け合い」の考え方が働いています。

仕事や人間関係で迷ったり、つまずいたりしたとき、この本『パートナーシップーマイクロソフトを復活させたマネジメントの4原則』を読み返すことで、立ち戻るべき「本質」のマインドが見つかります。この本が、多くのビジネスパーソンの悩みを解決し、働くことが楽しく幸せなものになるための指南書となることでしょう。

この記事からの学び

この記事から読者が学べる本質的な変化に向けたことは、「競争」から「助け合い」へのマインドセットの転換です。競争社会に疲れたサラリーマンが、イ・ソヨン氏の『パートナーシップーマイクロソフトを復活させたマネジメントの4原則』を通して、以下のような変化を促すことができます。

  • ビジョンの明確化:自分の仕事の本質を理解し、それを基盤にした明確なビジョンを持つことで、目的意識を持って働くことができます。
  • パートナーシップの重要性:競争相手や同僚と助け合いながら働くことで、互いに成長し合い、より良い環境で働くことができます。
  • 成長マインドセット:自分自身や他者との関係を通じて、積極的に学び、成長していく意識を持つことが重要です。助け合いの精神で働くことで、個々人が持つ能力(価値)を最大限に活かしながら、お互いに支え合って成長できます。

私はどんな課題も社長の立場で考える「社長思考」が重要と思っているのですが、それはあらゆるステークホルダーのことを責任ある立場で真剣に考えるということを指しています。この記事で紹介されている「競争から協調に」と相通じるところがあるなと思いました。

 

柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
心から願う人生を実現していくライフシフト・コーチング

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー