ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

【キャリアデザイン】若手社員の理想の職場を作るための3つの方法

「「ホワイト企業」なぜ辞めたい?若手社員の“理想の職場”にする3つの方法」という記事を読みました。

diamond.jp

記事の概要

はじめに

2022年末に掲載された「職場がホワイトすぎて辞めたい 若手、成長できず失望」という記事が話題となりました。ホワイトな職場環境は多くの人が憧れるものですが、一部の若手社員はその環境での成長を実感できず、転職を考えるケースもあるようです。この記事では、なぜホワイトな職場で働く若手社員が辞めたがるのか、そして職場が取るべき対策について考えていきます。

  • 職場のホワイト化による問題点
    ホワイトな職場環境で働くことは多くのメリットがありますが、一部の若手社員にとっては成長の機会ややりがいを感じる環境が欠けていると感じられることがあります。リクルートワークス研究所の調査によると、大手企業の新入社員のうち約36%が「職場がゆるい」と回答し、一部の若手社員は退職を考えているという結果が得られました。

  • ホワイトな職場での苦悩と成長の欠如
    具体的なケースとして、ホワイトな職場で働く若手社員が成長を実感できないという事例が挙げられます。例えば、仕事の負荷が少なく残業がないため、仕事がない日が増えてしまい、モチベーションや成長意欲が低下することがあります。また、業務において他の現場で役立つスキルを身につける機会が少なかったり、自己成長を感じられない場合もあります。

  • 若手社員の成長を促す方法
    若手社員の成長を促すためには、以下の3つのポイントに注意する必要があります。
  1. 心理的安全性の確保
    若手社員が安心して自分の考えや意見を話せる環境を整えることが重要です。上司や先輩社員が否定的な発言せず、彼らのアイデアや意見を尊重し、建設的なフィードバックを提供することが求められます。心理的安全性が確保された環境では、若手社員が積極的に発言し、自己成長につながるアイデアや提案を行うことができます。

  2. 難易度の高い仕事を任せる
    若手社員にモチベーションを与え、成長の機会を提供するためには、難易度の高い仕事を積極的に任せる必要があります。ただし、彼らの強みや特性を考慮し、必要なサポートや指導を行うことも重要です。上司は新人の成長をサポートする役割を果たし、失敗を恐れずにチャレンジさせることで、彼らの成長を促すことができます。

  3. 若手の価値観や行動スタイルを理解する
    現在の若手社員は、個性や多様性を重視する傾向があります。そのため、彼らの価値観や行動スタイルを理解し、尊重することが重要です。同時に、会社の文化や目的を伝え、彼らが自社で働く意義や誇りを感じるように働きかけることも必要です。若手社員が自身の役割や貢献が重要であると実感できる環境を整えることで、やりがいを感じながら成長できるでしょう。

結論

ホワイトな職場環境は多くのメリットを提供しますが、若手社員にとっては成長の機会ややりがいを感じる環境が欠けている場合もあります。若手社員の成長を促すためには、心理的安全性の確保、難易度の高い仕事の任せ方、若手の価値観や行動スタイルへの理解が重要です。管理職はこれらのポイントに留意し、若手社員の成長を支援する取り組みを行うことで、理想的な職場環境を実現することができます。令和の企業は、ホワイトさを維持しながら若手社員のやりがいを追求し、成長を促進することが求められます。若手社員が自身の能力を最大限に発揮し、充実した職場環境で働けるように、企業は努力を重ねるべきではないでしょうか。

 

キャリアデザインの観点から

キャリアデザインの観点から、ホワイトな職場で若手社員の成長を促すために重要な3つのポイントを以下にまとめました。

  1. 目標設定と成長計画のサポート:
    若手社員が自身のキャリア目標を設定し、成長するための計画を立てることは重要です。企業は、上司やキャリアアドバイザーとの定期的な面談やフィードバックセッションを通じて、目標設定や成長計画のサポートを行うべきです。若手社員が自分の成長に向けて具体的なアクションを取れるように支援し、キャリアの進展に対する意欲を高めることが重要です。

  2. スキル開発と学習機会の提供:
    若手社員は、スキルを磨き、専門知識を高めることで成長します。企業は、トレーニングプログラムや研修の提供、マンターリングやジョブローテーションの機会を通じて、若手社員のスキル開発と学習を支援するべきです。また、新しいプロジェクトや挑戦的な業務に積極的に参加できるような環境を整えることも重要です。若手社員が自身のスキルセットを拡大し、成長するための機会を与えることが必要です。

  3. メンターシップと成長への支援:
    若手社員は、経験豊富なメンターからの指導やサポートを受けることで成長を促されます。企業は、メンタープログラムを導入し、上級社員と若手社員を結び付ける機会を提供することで、若手社員のキャリアの成長を支援することが重要です。メンターからのフィードバックやアドバイスを通じて、若手社員が自身の成長領域を特定し、スキルや知識を磨くことができるでしょう。

これらのポイントを重視することで、若手社員は自身のキャリアを有意義にデザインし、成長していくことができます。企業は、若手社員の意欲を引き出し、能力を最大限に活かすために、継続的なサポートと環境整備を行うのが良いのではないかと思っています。

 

柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
心から願う人生を実現していくライフシフト・コーチング

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー