ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

「コスパ至上主義が続くと給料が上がらない」にどう立ち向かうのか


「日本が「コスパ至上主義」をやめないと給料が上がらない決定的な理由」という記事を読みました。

diamond.jp

消費者サイドとしての見解・行動と生産者サイドとしての関心は必ずしも一致しないという事と、生産者も消費者としての側面があるので、そこの連関を考えると必ずしも安いことが良いとは言えないという内容でした。

コスパと生産者サイドの関連性

日本では、「コスパ」という言葉が日常的に使われ、コストパフォーマンスが重要視されます。消費者としては、より良いものをより安く手に入れたいという欲求があるため、コスパを求める姿勢は理解できます。しかし、生産者としての自分を持つサラリーマンにとっては、コスパ至上主義は自分自身の給料アップを妨げている可能性があります。

「コスパ」は、出したお金に対して得られる満足度の高さを表す言葉です。古くから「お買い得」という言葉があり、お金を出した分だけの価値があるという意味で重要視されてきました。しかし、日本においては、コスパを求め過ぎることが経済を停滞させている原因と考えられます。

消費者としては、より品質の高いものをより安く手に入れたいと考えるのは当然です。しかし、生産者としての自分になると、製品価格を上げられないために、製造コストを下げる必要があります。そのため、下請け企業から安く買い叩くことや、労働者の給料を上げない方向に向かってしまう可能性があるのです。

「安いことが良いことだ」という風潮が定着することによって、生産者側の利益が削られることは避けられません。そのため、サラリーマンとしては、自分の給料アップにつながるようなコスパを求める姿勢を改める必要があります。安いことばかりを追求することで、自分自身の生活や、社会全体の発展に悪影響を与える可能性があることを忘れずに、賢明な消費行動を心がけましょう。

「給料が上がらない」にどう立ち向かうのか

確かに、今回の記事は給料アップに関する問題を取り上げていますが、その根本的な原因はコスパ至上主義にあると指摘しています。この問題は、単に収入面だけでなく、キャリアデザインに関わる重要な問題でもあります。

例えば、企業側がコスパを優先する傾向が強い場合、従業員にとってはスキルアップやキャリアアップの機会が減少し、将来的には給料アップに繋がりにくいという問題があります。また、組織全体がコスト削減に走り、人員削減や業務の効率化を進めることがあるため、従業員の仕事の幅が狭まり、スキルの向上やキャリアアップの機会が限られてしまうこともあります。

一方、企業側がコスト削減だけでなく、社員のスキルアップやキャリアアップの支援に力を入れることで、社員がモチベーションを持って働ける環境を整えることができます。結果として、社員の能力向上やキャリアアップが促進され、企業にとっても利益を生み出すことに繋がります。

したがって、単に給料アップを求めるだけでなく、キャリアアップに繋がる環境を整えることが、サラリーマンにとっても企業にとっても重要な課題であることは間違いありません。コスパ至上主義がこの課題を解決することに役立つのか、あるいは問題を深刻化させることになるのか、今後の社会情勢に注目する必要があります。

 

柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
心から願う人生を実現していくライフシフト・コーチング

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー