ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

ライフプラン表の罠:成功と後悔の分かれ道

横山光昭さんのライフプラン作成に関する記事を拝読しました。

diamond.jp

記事の概要

新しい年が始まり、多くのビジネスパーソンが人生の方針を見直す時期がやってきました。中でも、「ライフプラン表」を作成することで将来を見据え、賢明なお金の使い方を考える方も多いことでしょう。しかし、横山光昭氏によれば、ライフプラン表の活用には注意が必要だと言います。では、なぜ一部の人は成功し、他の人は後悔してしまうのでしょうか。

成功者と後悔者の違い: 横山氏が指摘する最大の違いは、ライフプラン表をどのタイミングで作成するかという点です。記事では、具体的なケースとしてGさんの例が挙げられています。Gさんは3年前にライフプラン表を作成し、将来に余裕を感じてしまいました。しかし、予想外の出来事が相次ぎ、ライフプランは一変してしまいました。成功者とは、予測の限界を理解し、柔軟な対応ができる人物なのかもしれません。

ライフプラン表を作らないべき状況: 横山氏は、ライフプラン表を作るべきでない状況にも言及しています。例えば、現状がしっかり把握できておらず、足元が固まっていない場合や将来の目標が見えていない場合には、ライフプラン表は逆に不安を生むことになります。ライフプラン表はあくまで将来の予測であり、現実の変化には対応しきれないことを理解しておくべきです。

成功の秘訣:柔軟な対応と計画の見直し: 成功者として挙げられる人々は、ライフプラン表を柔軟に活用し、計画を見直すことができる人たちです。将来が予測通りに進まなくても、柔軟に対応し、新たな計画を立てることが重要です。また、ライフプラン表は将来に備えるためのヒントを得るツールであり、現状の安心材料には使わないよう留意が必要です。

まとめ: 一年の始まりにライフプラン表を作成することは、将来の不安を軽減するために有益ですが、柔軟な対応力が不可欠です。計画はあくまで予測であり、変化には対応しなければなりません。成功者となるためには、ライフプラン表を作成するだけでなく、その柔軟な活用法を心得、変化に対応できる計画を常に見直すことが不可欠です。良いツールを活用しつつ、将来への備えを怠らないことが、ビジネスパーソンにとっての成功への道です。

 

ファイナンシャルデザインの観点から

ライフプランを作成することのメリットを追求してきましたが、作成しない方が良いこともあるという本記事の指摘は大きな気づきでした。

ライフプランを作ったことで寧ろ現状の生活レベルを固定化する方向に考えてしまい、環境変化に対応しない材料として使われてしまう可能性がある点は考慮すべきですね。

我が身に照らせば、いつでもライフプランは見直して柔軟かつ身軽な生活にしておくことが重要で、そのためには固定費を削っておくことが重要だと改めて認識しました。

 

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフトコーチング
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー