FIREした元総合商社マンから学ぶMBA式ライフシフトコーチング

FIREした元総合商社マンから学ぶMBA式ライフシフトコーチング

若年発症のがんが増加中!ビジネスパーソンの健康への影響



「がんの若年発症が急増のなぜ?過去30年で50歳未満の患者が約80%も増加の衝撃」という記事を拝読しました。

diamond.jp

記事の概要

近年、がんの若年発症率が急増しており、これがビジネスパーソンにどのような影響を与えているのでしょうか。最新の研究によれば、過去30年間で50歳未満のがん患者数が世界的に79%も増加し、若年発症による死亡者数も28.5%増加しています。この驚くべき傾向は、私たちの健康への警鐘となるべきです。

背景

英エディンバラ大学のXue Li氏らによる研究によれば、がんは通常、高齢者に発症するものとされていますが、1990年代以降、50歳未満のがん患者数が増加しているとの報告が複数あります。Li氏らは、2019年の世界の疾患負担(Global Burden of Disease;GBD)研究のデータを使用し、若年発症のがんの世界的な疾患負担について調査しました。

GBD 2019から、204の国と地域における14〜49歳の人での29種類のがんの罹患率や死亡率、障害調整生存年(DALY)、リスク因子に関するデータを抽出し、1990年から2019年の間にこれらがどのように変化したかを推定しました。

落とし穴:若年発症率の増加

その結果、2019年に50歳未満でがんの診断を受けた患者は326万人に上り、1990年と比べると79.1%も増加していました。29種類のがんの中で、乳がんが最も発症率と死亡率が高いことが判明しました(発症率:13.7/10万人、死亡率:3.5/10万人)。また、1990年から2019年の間に最も発症率が増加したのは上咽頭がんと前立腺がんで、それぞれ年平均2.28%と2.23%ずつ増加しました。

危険な傾向:若年発症による死亡者数

2019年の50歳未満でのがんによる死亡者数は106万人以上に上り、1990年から27.7%増加していました。10万人当たりの死亡率とDALYが高かった上位4種のがんは、乳がん、気管・気管支・肺のがん、胃がん、大腸がんでした。また、腎臓がんと卵巣がんは死亡率が急上昇しており、これは深刻な懸念事項です。

地域差異

2019年に若年発症のがん症例が最も多く認められた地域は北米(273.2/10万人)、オーストラリア(157.7/10万人)、西ヨーロッパ(125.6/10万人)でした。一方、年齢調整死亡率(ASDR)が最も高かったのはオセアニア(39.1/10万人)、東欧(33.7/10万人)、中央アジア(31.8/10万人)であり、若年発症のがんが低・中所得国にも大きな影響を及ぼしていることが示唆されました。

未来の展望

研究グループは、これらの世界的な傾向を踏まえて、2030年までに若年発症のがんの新規患者数は31%、それによる死亡者数は21%増加すると予測しています。特に40代でのリスクが高まるという予測が、私たち全員にとって警鐘となるべきです。

なぜ若年発症のがんが増加しているのか?

なぜ若年発症のがんが急増しているのでしょうか。研究グループは、遺伝的要因のほかに、食生活、飲酒、喫煙、運動不足、肥満、高血糖などががん患者の増加に影響している可能性があると指摘しています。健康的な生活習慣の重要性は言うまでもありません。

まとめ

若年発症のがんが増加しており、これは私たちビジネスパーソンにとっても大きな健康上のリスクです。予防と早期発見がますます重要になっています。健康的な食事、適切

な運動、禁煙、適度な飲酒、そして適正な体重維持など、健康を促進する生活習慣を身につけることが、若年発症のがんを予防するために不可欠です。

研究者や医療専門家は、若年発症のがんに対する最適な治療戦略を特定するだけでなく、患者の個別ニーズに合わせた総合的なアプローチを取ることも強調しています。これには、がん患者とその家族への精神的なサポート、情報提供、適切な治療へのアクセスの向上などが含まれます。

また、定期的な健康チェックアップやがん検診を受けることも、早期発見と治療の鍵です。健康保険を利用して、がんのリスク評価やスクリーニングテストを受けることをお勧めします。

最後に、この問題は単なる医療の領域だけでなく、企業や組織にも関連しています。企業は従業員の健康促進プログラムを提供し、健康意識の向上を支援することができます。また、柔軟な労働環境やストレス管理の支援など、従業員の健康と幸福に焦点を当てることも大切です。

若年発症のがんの急増は、私たちの健康への重要な警告です。健康を守るために、個人と組織が共に取り組むことが必要です。健康的な生活習慣を実践し、早期発見と治療に努め、健康への投資を怠らないよう心がけましょう。そして、これらの取り組みがビジネスパーソンとその家族の未来の健康にプラスの影響をもたらすことを期待しましょう。

 

ライフデザインと健康の観点から

ライフデザインと健康の観点から、重要なポイントを以下の3つに絞って追記します。

1. ワークライフバランスの確保

健康な生活を維持するためには、ワークライフバランスの確保が不可欠です。長時間の労働や過度のストレスは、がんなどの疾患のリスクを増加させる要因となります。ビジネスパーソンは、仕事とプライベートの時間をバランスよく配分し、適切な休息とリラックスを取ることを心がけましょう。また、柔軟な労働環境やリモートワークの導入が、ワークライフバランスを向上させる手段として検討されるべきです。

2. 健康的な食事習慣の確立

食事は健康に直結する要素の一つです。肉類や塩分の摂り過ぎ、不足しがちな果物や野菜、過剰な加工食品の摂取は、がんのリスクを高める要因となります。ビジネスパーソンは、バランスの取れた食事習慣を確立し、栄養価の高い食材を積極的に摂るように心がけましょう。また、外食やファーストフードの頻度を減らし、自宅での調理や健康的な食事の選択を促進しましょう。

3. ストレス管理と心の健康

ストレスは健康への大きな脅威です。長期間にわたるストレスは免疫機能を低下させ、がんなどの疾患に対する耐性を下げる可能性があります。ビジネスパーソンは、ストレス管理の技巧を学び、定期的な運動や瞑想、趣味に時間を割くなどして心の健康を保つ努力を怠らないようにしましょう。企業や組織も、従業員のメンタルヘルスへのサポートを強化する取り組みを行うことが重要です。

これらのポイントを実践することで、ビジネスパーソンは若年発症のがんや他の健康問題から身を守り、より充実した生活を送ることができるでしょう。健康を第一に考え、ライフデザインを見直すことは、個人と組織の成功にも大いに貢献すると思っています。

 

柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
心から願う人生を実現していくライフシフト・コーチング

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー