ライフシフトコーチング|キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作る

キャリアと家族を守りながら投資家マインドを作るライフシフト・コーチング

転職のときに何を軸とするのか。50代に限らずどの年代でも熟考すること。


「50代転職「年収維持」にこだわらないのが幸せな訳」
という記事を読みました。転職はキャリアデザインのみならずライフデザインの観点でも慎重に考える必要があると思っていますが、正にそのような内容で非常に興味深い内容でした。

toyokeizai.net

50代の転職では何を軸とするのか

50代の転職において重要なのは、何を「軸」とするかを改めて考えることです。年収、職種、待遇、会社、忙しさなどを基準に選択することで、転職先と今後の人生に大きな影響が出るからです。記事では、年収、仕事、会社などを軸に転職する場合のポイントを紹介しています。

年収を軸にする場合

まず、年収を軸にする場合、転職後も現在と同程度の年収を維持するのは難しいと説明しています。しかしその代わりに、より高度な仕事が求められることもあります。また、プライベートを充実させるためには、お給料が大幅に下がる可能性もあると述べられています。このように、何かを得るためには何かを失う覚悟が必要であることを強調しています。

仕事力を軸にする場合

次に、仕事を軸にする場合、自分の強みを考慮することが重要であるとしています。営業力や企画力、マーケティング力、経理や人事総務など、自分のスキルに応じた転職先を探すことが大切です。そのためには、人材紹介会社やマッチングサービスに登録したり、副業を行って市場価値を確かめることを推奨しています。

会社を軸にする場合

最後に、会社を軸にする場合、企業の文化やビジョン、社風などを考慮することが必要であると述べています。自分が共感できる会社を見つけることが、長期的に働くためには大切だと強調しています。また、会社を選ぶ際には、業績や将来性なども注意深く調べる必要があるとしています。

まとめ

このように、転職においては、何を「軸」として選択するかによって、今後の人生が大きく変わってくることがわかります。50代で転職をする場合、自分にとって何が本当に大切なのかを改めて考え、選択することが重要です。また、市場価値を確かめるために、転職前に副業を行ったり、人材紹介会社などを利用することも効果的です。

この辺、一度考えた終わりということではなく何度も自問自答して本当の自分の気持ちや考えをくっきりさせていく必要があり、コーチングや語り合える仲間の存在が重要になると思っています。

 

柔術から学んだ逆転戦略を会社生活に転用
経済マトリックスの視座から投資家へ軸足シフト
心から願う人生を実現していくライフシフト・コーチング

友だち追加

運営者情報 プライバシーポリシー